« ダルい夕食 | Main | 心の叫び »

2006.02.03

やっぱりな。

 今朝の新聞を読んでおりましたら、一月の衣料品の売上げが伸び悩んでるといった記事を見つけました。特にカジュアル衣料に顕著らしい。理由はセールで冬物衣料がさっさと出払ってしまい、でもまだまだ寒いので店頭に並び始めた春物では客の気が引けないらしいのです。
 そうでしょう…。
 天神の物販店も二月に入るなりディスプレイは一気に春化。昨日、一昨日とオフィスは半袖を着たくなるほど暑かったけど、何しろ12月からこっち寒さにたたきのめされてきたもんだから、そう簡単に春気分にはなれません。「絶対寒さが戻ってくる」と用心深くなっていて、気持ちはパステルカラーの薄いニットよりも重い色のどかんとした厚みのニットに引っぱられていきます。福岡でこうなんだから、毎日のようにどかどか雪の降っている北の方にお住まいの方々はとても春物の服なんか買う気にならないでしょうねえ…。
 店の売り子のおねーさんはひらひら薄い春色のワンピースを着てたりして、「寒そうだな…。洋服屋さんはたいへんだな」とつくづく思ってしまいます。

|

« ダルい夕食 | Main | 心の叫び »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7367/8491896

Listed below are links to weblogs that reference やっぱりな。:

« ダルい夕食 | Main | 心の叫び »