« 大漁~ | Main | お家で銭湯気分 »

2006.03.25

「ライオンハート」、読了

Amazon.co.jp:ライオンハート新潮文庫: 本
 今回改めて自問したのは、「私って恩田陸、合ってないんじゃないの?」ってことでした…。
 時空を越えたメロドラマって時点で、すでに私の範疇ではないと言えばそうなんだけど。「恩田陸の」というあたりに期待をかけてみたのだったが。
 そもそも、ふと冷静になってみると、この話の運命の二人ってあんまりべたべたにらぶらぶじゃないのです。(恩田陸だから?)そんな、ゆったりデートを楽しむ暇なんか与えられてないし。けして結ばれない、でも巡る輪廻の中で一生に一度出会う二人は、その瞬間に世界が金色に染まるような弾ける幸福感に包まれるわけなのですが。
 そもそも、この幸福感はどこからやってくるの?なんて、色気欠乏症の私は振り返ってみてしまうのです。何が二人に「男女の恋愛」というフィールドの幸福感を与えているのか、わかんない。「天球のハーモニー」で明かされる二人の宿命の発端からすると、かつてものごつい熱愛ラブラブ関係があった、その記憶が根底にあるとかって話じゃないし、むしろ男女関係ではない、もっと全人格的な渇望が二人の宿縁を作りだしてるわけで。
 だったら、恋愛でなくてもいいんじゃないか、とか思ったり。
 なんて、整合性とかカタルシスを恩田陸に求めてはいかん。もやっとした中に世界の裏側を感じ取らねばいかん。のだと思う。
 でも、私はカタルシスが好き。リクツが好き。その時点で恩田陸の読者としてすごく間違ってる、それはわかってるのだがー。

 素直に主人公達がおかれたドラマティックな状況を納得して楽しめれば、これはなかなかにきれいなお話なのです。
 梶尾さん、ごめんなさい。私にはロマン感知能力が足りておりませんでした。

 あ、でも、ずっと聞きそびれていたケイト・ブッシュを今さら聞いてみたいと思いました。どんな曲なのかしら>「ライオンハート」。

|

« 大漁~ | Main | お家で銭湯気分 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7367/9281973

Listed below are links to weblogs that reference 「ライオンハート」、読了:

« 大漁~ | Main | お家で銭湯気分 »