« 祝!二年目決定 | Main | ゲームやりたい年かも »

2006.03.12

チェックしておきたい記事

 わたくしメモ。ネット連載で今現在チェック中のもの。
 ほぼ日のイトイ対談vs.ヲタキング。なんかすごい異色な感じの取り合わせでつい読んでる。イトイと岡田さんって、なんちゅーか、どちらもサブカル?(いやな言い方だ)的なフィールドで活躍してるけど、クロスしそうにない人たちだと感じていたので。その二人の対談は、和やかそうでいてなかなかスリリングですわ。おもしろい。<無責任な一般市民の感想です。
 もう一つ、興味を持って読んでるのは、今の時代に「仕事をする」ということについて岡田さんが書いたっぽい本の内容。好きな仕事・向いてる仕事をしたいとか、自分にしかできないことをしたいとかつい思ってしまうけど、そんな仕事の選び方で就職できる人はほんの一握りしかいないのが現実なわけで。周囲を見回してみると、自分を含めほとんどの人が凡人なのだし。実際にはいわゆる「就職」をしてないはずの岡田さんが、その辺の現実をどう消化してるのかなあ?と思って。

 日経BPには「芥川賞/直木賞」に続き「本屋大賞メッタ切り」を分割掲載中。本屋大賞にははっきりと書店員が自信を持って売れる本(品質的にも)というコンセプトあるので、「芥川賞/直木賞」ほど「???」は感じなのだけど。選考委員がアレってこともないし。(本屋大賞は全国書店員が候補作を読んで各自投票することで決まる)
 ので、単にトヨサキ社長と大森氏が候補作をどう読んでいるか、穴予想が当たってるかを楽しむために読んでる。普段本を読みこなさない人にまで売るとなると、この二人に読み応えがあると判定される本だと難易度高くてキビシそう。

 「芥川賞/直木賞」には後で選考委員の講評を読むといういやらしい楽しみもあったりして。<いやな人間。某愛ルケ作家の方の今回受賞作への不満たらたらぶりはわかりやすすぎて困ったもんでした。
 しかし、最近のアサヒは今愛ルケ作家の自薦集など出してるもんで、紙面のあちこちで某氏の名前を見かけてううむな気分に。今週の日曜版は「阿寒に果つ」を取り上げてましたよ…。初期の良作と呼ばれてるものまであげつらう気はないけど、この一年強の体験で作家名がすでに食傷気味。

|

« 祝!二年目決定 | Main | ゲームやりたい年かも »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7367/9071193

Listed below are links to weblogs that reference チェックしておきたい記事:

« 祝!二年目決定 | Main | ゲームやりたい年かも »