« 「つきあう」の定義 | Main | コンタクト、こわい »

2006.04.27

聞き間違いの女王

 私もなかなかド外れた聞き間違いをよくやる人で、相方に「どうしたらそう聞こえるのか理解できん」とあきれられることがよくあるのですが。
 新職場の同僚の方に私を上回る聞き間違いの女王がおられます。さる社内システムなど、彼女が「え、しげるくん?しげるくんがどうかしたの?」と聞き返したばっかりに、付近の人たちにはすっかりしげるくんとして定着してしまいました。「しげるくんが固まったらどうしよう」とか「しげるくん、今日ご機嫌悪いよ」とか「がんばれ、しげるくん!」(処理遅いときとか)とか、人間のような扱い。確かにそう聞こえないこともないシステム名がついていますが。そして、こんぴーたーのシステムってなぜか人間臭い動きをすることってありますが。
 その方の以前のヒットは、やはり会社でビル清掃の一環として害虫駆除がありますよ、というお達しがあったとき、「熟女が何するの?」と問い返した件。「がいちゅうくじょ」と「じゅくじょ」。遠くは、…ないかな?
 今朝も家でダンナさんに「お前、(そんなことで)いばるなよ…」と言い返されたのが「マイバット」と聞こえ、「マイバット?何自慢したいんじゃ、こら」と怒ったんだとか。
 いや。えーと。仲のよろしいご夫婦なんですよ、こちら。

|

« 「つきあう」の定義 | Main | コンタクト、こわい »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

中学時代からの親友で、数学の授業中『同一円周上』を
『ドイツ演習場』と聞き間違えたため、随分長い間
授業内容が理解できなくて困っていた面白ちゃんがいます。
彼女は他にも数々、抱腹絶倒の聞き間違いをしているのですが
詳しく憶えていないのが残念。

Posted by: 小藍 | 2006.05.06 at 11:23 PM

私もけっこう聞き間違いやら読み間違いやらしでかすクチなので、人さまに言えた義理ではないのですが、世の中にはそっち方面の才能に異様に恵まれた人がいるものなのですよね。
うちの職場の女王は今日も名作を披露してくれます。日々の楽しみになってます。<失礼だろ、それ。

Posted by: きいろ | 2006.05.15 at 02:06 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7367/9895891

Listed below are links to weblogs that reference 聞き間違いの女王:

« 「つきあう」の定義 | Main | コンタクト、こわい »