« ちょっとしあわせ | Main | 終わりました(BlogPet) »

2006.04.13

「ロマンス小説の七日間」、読了

Amazon.co.jp:ロマンス小説の七日間角川文庫: 本
 えーと。こないだの「ライオンハート」といい、わたくし、どこかおかしくなってませんか?と自分を問い詰めたくなるような本を読んでたわけですが。<思うところでもあったのか?
 タイトルはこんなですが内容は全然ドライな本です。(でないと、私が完読できません)翻訳で食べてるあかりが締め切りに追われながらロマンス小説を訳している真っ最中に、長いつきあいの恋人神名がなんと会社を辞めてきてしまう。えー、なんですとー?そんな話初めて聞いた!あかりが動揺しているところに、行きつけの居酒屋の常連まさみちゃんが何やら神名に親しげだし、神名はただ会社を辞めただけじゃなく…といろんな事が押し寄せてきて、あかりは翻訳中のロマンス小説の内容を怒りに任せて改ざんしてしまう。どーなる、ロマンス小説の結末、どーする、現実。
 という趣向の話で、ドラマチックな恋愛パートはあかりが創作しまくるロマンス小説にお任せで、現実のあかりと神名の顛末は地味というか足のついた話になってます。うまい作りではある。私のようなド恋愛小説恥ずかしくていやん派でも共感してすんなり読める。
 でも、共感できる地に足ついた恋愛ものって、私が小説に求めるカタルシスは皆無になってしまうわけで。となると、小説という形式で楽しむ意義が半減してしまうわけで。むずかしいところですなー。<単に私がワガママなだけでは?

 現実の冒頭でいきなり「オリハルコンって聞いたことあるなー」とヒロインが思って(ロマンス小説のヒーローが伝説の剣を持っている)、という展開があり、当然のごとくそれは「海のトリトン」でという下りがあるのだけど、三浦しをんっていくつなのよ?(笑)

|

« ちょっとしあわせ | Main | 終わりました(BlogPet) »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7367/9645909

Listed below are links to weblogs that reference 「ロマンス小説の七日間」、読了:

« ちょっとしあわせ | Main | 終わりました(BlogPet) »