« おっさるー! | Main | 無事還付されました »

2006.04.05

本屋大賞が発表されました

 第三回目にして新聞に結構大きく載るようになったなあ。
 今回の受賞作は「東京タワー」。江國香織のじゃなくてリリー・フランキーの方。
 未読の人があれこれ言うのは反則だと思いますが、なんか三回目にしてガッカリな結果だなーと。だって、「東京タワー」ってもう百万部は売れてるはず。本屋大賞は本屋さんが本当に売りたい(けど売れてない)本をプッシュしたいというのが趣旨じゃなかったの?それがなんでいまさら「東京タワー」って気がして…。第一回の「博士の愛した数式」にしても第二回の「夜のピクニック」にしても、本読みの間での評価は高かったけど一般の知名度は低くてイマイチ売れ行きが悪かったのが受賞を機にちゃんと売れたという実績を残して、本屋大賞の面目躍如と思わされたのに。
 でも、「本屋大賞をメッタ斬り」の大森望とトヨサキ社長のコメントを読んで、そうかもな…という気もしてきた。
 ぶっちゃけ、本屋の店員=本好きというのは今は昔の物語で(一部には確実に生き残ってるけど)、びっくりするほど本のことを知らない書店員に会うのがだんだんめずらしくもなくなってきてる。せめてベストセラーが今店内のどこに積んであるかくらいは知っておいてくれないと…。(レジ近くにいるときにお客さんとの会話が聞こえることがある。「私が連れていってあげましょう!」という言葉がのど元まで出かかることも)
 賞が大規模になる→投票に参加する書店員が増える→あんまり本を読まない書店員の参加率が上がる→一般的な売れた本がランクインする可能性が高まる、という流れが今後は強まっていくのかなあ。受賞作だけじゃなく、一時予選通過作のラインナップに「えっ、こんなのあったんだ。おもしろいんだ」と気づかされる楽しみが本屋大賞にはあったんだけどなあ。

|

« おっさるー! | Main | 無事還付されました »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7367/9514686

Listed below are links to weblogs that reference 本屋大賞が発表されました:

« おっさるー! | Main | 無事還付されました »