« ええ、読んでませんとも! | Main | 二回目にしてマンネリ化、かも。 »

2006.05.28

「奇談」、見ました

Amazon.co.jp:奇談 プレミアム・エディション: DVD
 「みんなぁ、ぱらいそさ、いぐだぁ」
 劇場に見に行きそこなっていた「奇談」のDVDを相方が借りてきたのを視聴。諸星大二郎の「妖怪ハンター/生命の木」の映画化作品です。
 ある意味、ただいま公開中の「ダ・ビンチコード」よりもキリスト教的には大問題!な題材でしょうが、極東で書かれたマンガなどバチカンは気に留めたりしませんよね、きっと。
 驚くくらい原作に忠実な作りです。ヒロインというか狂言回し役の里美ちゃんが子どものころに体験した事件は映画のオリジナル部分ですが、本編を大きく損なうということもなく程よい変更かと思います。
 ひぐわぁあぁーなクライマックスの映像も見ごたえあります。
 ただ、マンガは自分のペースで読め聞き落としもないからさして気にしてなかったけど、後半にぱっぱっと会話で事件の背景を説明されるとすぐには頭に入りにくいです。「じゅすへる」とか「三じゅあん」といった単語が、事前にマンガ読んでないとそれと意識して聞けないというか。せめてマンガと同じように冒頭で「世界開始の科の御伝え」をやってくれる作りにできなかったかなー。もしくは話が走り始める後半に入る前に、説明を入れるとか。
 稗田礼次郎がただひたすら傍観者で事件に介入しないあたりも原作通り。「それで、あれはいったいなんだったの?」な放り出され感も原作通り(笑)。昔、沢田研二主演で作られた「ヒルコ/妖怪ハンター」が完全に監督塚本晋也のテイストになってしまったのに比べると、原作を尊重した作りと言えるでしょう。オチの里美ちゃんのモノローグはちとアレだけど。
 いんへるのの穴が意外に大きくてびっくり。あれじゃ里美ちゃんがびびって帰ると言い出してもしかたないと思われ。

Amazon.co.jp:ヒルコ 妖怪ハンター: DVD
沢田研二主演の「ヒルコ」の方。「ヒルコ」って言いながら、「黒い探究者」じゃなくて「海竜祭の夜」の映像化作品だったんですね。<当時原作読まずに見た。

|

« ええ、読んでませんとも! | Main | 二回目にしてマンネリ化、かも。 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

 たいして劇場で映画を見ない私ですが、この映画は見に行きました。
 スプラッタでないホラー。よいです。

Posted by: 神北恵太 | 2006.06.05 at 08:15 AM

私も去年の後半から劇場に映画見に行けてないです...。<「ナルニア」見損ねたやつ。

いい具合に土着な感じと言いましょうか、伝奇チックな雰囲気があって、好感の持てる映画化作品でした。

Posted by: きいろ | 2006.06.06 at 02:23 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7367/10382785

Listed below are links to weblogs that reference 「奇談」、見ました:

« ええ、読んでませんとも! | Main | 二回目にしてマンネリ化、かも。 »