« しまった… | Main | スパムの傾向(BlogPet) »

2006.05.03

もう一時間やってもいいよ

Amazon.co.jp:王立宇宙軍~オネアミスの翼~: DVD
 と↓でNHKに文句垂れてる私ですが、「『アニソン』三昧」をやっていたうちの一時間ほどはNHKBSの番組を楽しく見ていたので文句はほどほどにします。
 アニメ夜話で「オネアミスの翼 王立宇宙軍」を取り上げたもので!
 「王立宇宙軍」は、なんちゅーか、好きアニメです。理屈とか客観的評価とは別のところにあると言ってもいいです。冒頭の森本レオ演じるシロツグのモノローグ「だから、宇宙軍に入ったんだ」でうわあぁあ…という気分になり、後はもうべったりと最後まで。二十代の人たちが作ったアニメだからでしょうか、青春期の煮詰まってる自分、だけど何かやりたい自分、ささやかなことをやってる自分みたいなものを引き写される気分になりまして…。
 もちろん気の狂ったような画面密度・脳内の快感物質がダダ漏れになりそうなメカシーンを含む映像描写なども引っぱられる要因ですが。
 これを今のデジタル三昧な環境じゃなくて、ほとんど人力の時代に作ったんだよなあ。人間の脳を経由して描かれるリアルってすごいなあ。もうこんなアニメは作れないだろうなあ…。
 萌えーなヒロインが量産される昨今のアニメ界ですが、リイクニみたいに「女はわからんです、きっとすれ違いなのです、でも気になります」みたいな気持ちを正直に露出したヒロインを出す勇気のあるやつはおらんかね?
 家には最初に出たいちまんえんいじょうするビデオがあり(当時の私には目が飛び出るほどの大金)、にも関わらずLDも買いましたが、時代とともに媒体が移ってしまったんでDVDを買うべきか悩み中です。相方とともに。
 TV見ながらあーでもないこーでもないと家内アニメ夜話が始まる始末で、相方がLD回し始めなかったのがむしろ不思議なくらいでした。まあ、やつの頭の中にはこの20年くらいで何十回も見直してるのでがっつり映像も音も刷り込まれてるそうですが(爆)。

|

« しまった… | Main | スパムの傾向(BlogPet) »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

Comments

こんにちは

王立で思い出すのが、バンダイ出版あたりで出ていた「王立宇宙軍製作記録集」。庵野さんを始めとするスタッフへのインタビューだけで半分くらいを占めていて、当時の若さあふれる姿がまぶしい一冊なのです。実家のどこかに死蔵されているはずなのですが、発見できません(^^; 王立関連本として紹介されることも非常に少なく、ヤフオクでもまず見かけないこの一冊、入手は難しいですが未読でしたら是非探してみてください。案外ブックオフとかに眠っているかも。

Posted by: tate | 2006.05.09 at 03:42 PM

諸事情によりのろRESがますますのろモードでほんとにすいません...。
王立関係の本は、手元にあるのはB-CLUBのムックと謎の小説(当時多かった製作者とは距離のある人が書いたノヴェライズ)くらいかなあ。ビデオについてきた赤井さんの手書きブックレットはおもしろくて、一時期「恋せよ、乙女!」と言い合ってました。
王立そのものが好きな人は好きだけど地味アニメなんで、関連図書も露出少ないですね。
なんとなくだけど、王立の製作現場ってDAICONとかの準備期間の空気に近かったんじゃないかと想像してしまいます。ヘンな学祭ノリって感じでしょうか。

ブックオフか...。最近なかなか行けてないなあ。

Posted by: きいろ | 2006.05.23 at 02:33 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7367/9955342

Listed below are links to weblogs that reference もう一時間やってもいいよ:

« しまった… | Main | スパムの傾向(BlogPet) »