« 行ってきました | Main | なんとなく… »

2006.05.07

見ました

 さて、私はヴェネツィアンビーズをすげーすげーと眺めまくって午前中を過ごしたわけですが、出かけるときには相方はまだお休み中だったんで、メモ一つ残さず家を出てきたのでした。いやー、家出したのかとか心配するかというとそんなこともなく(<あたり前だ、京ぽんも持って出てるのだし電話すりゃどこにいるかはすぐわかる)、アインとぼんやり留守番をしてくれてまして。
 その相方が「半分、代金を出さない?」と提案してきたのが「FFVII アドベントチルドレン」のDVD。近所の中古屋で2,980円で出ていたんだと。むうぅー。1,500円なら封切り映画を見に行ったと思えばある金額ではあるよな。と、合意してみる。
 「FFVII」に関しては、いじらずそっとしといてくれよー!という気分ではあるんだけど。あるものは見たいと思ってしまうのは人情だよなあ…。
 で、見てみたわけですが。かなり低な期待の元に見たので、特に失望するということもなく、後日談作るのに物語的にいろいろと苦労しておるなーと。人気爆発のエアリスをなんとか出すために、工夫しておるなーと。なんとかセフィロスを絡めたいと苦心しておるなーと。
 筋立ては元ネタをぶっ壊す!というほどひどくもなく、このくらいの話ならアリか?と思えるものではありました。新羅がまだ残ってて、密かにほそぼそ活動中ってのはありかどうかギリな感じだけど、ビフォア・クライシスとかやって新羅は新羅なりに思い入れがある人いそうだからなあ。CGは、まー、びみょーです。ゲーム中の人形劇みたいなムービーでも十分満足していたオールドゲーマーは、ひたすらリアル人間寄りのデザインを追及しなきゃいけない理由がよくわからんのです。無機物の表現力は実写と見まがうレベルにはなってきてるけど、残念ながら生き物はまだまだ及ばぬところで、リアル指向だとその差異の部分がすごく気になってしまう。
 後、どうせCGでやるからにはリアルカメラでは撮れない映像を!と力んで、やたらと高速なアクションシーンが多いのもなんだかなあ…。今一つメリハリに欠けた印象になるというか。ワンシーンワンシーンがあまり記憶に残らないというか。技術的にできるできないとは別に、演出としてどう見せるか?をもう少し検討してほしかったかなー?と個人的には思いますです。

 エアリスを出したいのはわかる。わかるのだが、なんかオールマイティカードみたいな扱いになってるのはどうなんだろうか?
 そして、この話の真の主役はレノとルードだろうと思った(爆)。

|

« 行ってきました | Main | なんとなく… »

「ゲーム」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7367/10026922

Listed below are links to weblogs that reference 見ました:

« 行ってきました | Main | なんとなく… »