« このぉ、ヘタれ犬がっ | Main | 同じ夢を見る »

2006.05.20

読み間違いの…

 人のことを聞き間違いの女王なんて言ってる場合ではない。
 GWに録画していて未見だった「BSアニメ夜話」の「イノセンス」の回を見る。「攻殻機動隊」じゃなくて「イノセンス」ってとこがなー(笑)。意外だったのは会場&メール&ファックスで「わかりにくかった」という意見が多かったこと。そうかなあ。もっともったいつけてわかりにくい話になってるんじゃないかと覚悟して見たせいかもしれないけど、思ったより親切な作りだったしそれなりにエンタメの要素も入れてある気がしたんだけど。少なくとも「パトレイバー2」よりはお客のことを考えて作ってあったような。
 「パトレイバー2」と言えば、これも後藤さんが南雲さんにフラれる話だったなあ。<そういう理解でいいんでしょうか?男性は、成就する恋愛よりもフラれ男の話の方がおもしろいのでしょうか。「カサブランカ」もある意味フラれ男の話と言える。と考えたら、男がフラれる話は見るに耐えるというか、独特の味わいが出ていい話に仕上がりやすい気がする。出そうと思えば渋さでもペーソスでも出せる懐の深さがあるような。それに比べると、女性がフラれる話ってどこか悲惨というか余裕がなくて、あんまり笑いにならないなあ。もちろん、ハードボイルドにも。

 今回のアニメ夜話のアシスタント女性は、新ブログの女王とか言われてるらしい中川翔子。マンガやアニメの話題が惜しげもなく出てくるブログをやってるとこを買われての起用だったみたいだけど、読み込みとかは思ったより浅めな感じでした。理屈大好き第一世代ヲから見ると、ちょっと食い足りない感じ。でも、彼女がばりばりに深い話に突っ込んでいってしまうと、普通とヲタクの掛け橋に位置する人がいなくなるから、番組的にはあのくらいがちょうどいいのかも。
 で。冒頭の読み間違いってやつですが。
 わたくし、ながいながい間、
「しょこたん ぶろぐ」を
「しょたこん ぶろぐ」
だと思い込んでいました。正味「しょたこん」だと信じきっていました。だから、「うわー、若いのになんちゅーところでカミングアウトしてんじゃ!私でもようやらんわ…」と、まぢめにご本人の今後を憂えていたのです。考えすぎだっちゅーの。

|

« このぉ、ヘタれ犬がっ | Main | 同じ夢を見る »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7367/10229361

Listed below are links to weblogs that reference 読み間違いの…:

« このぉ、ヘタれ犬がっ | Main | 同じ夢を見る »