« あと一月辛抱してみる。 | Main | トレンドリーダーは儚い »

2006.06.07

スポーツは実況

 と、↓で京ぽんのブラウザに文句垂れながら何を読んでいるかというと、「NHKアナウンサーの刈屋富士雄さんのインタビュー」。これがすごくおもしろいのです。
 私は運動は全般にダメダメで人並みにできると言えるのは水泳とボーリングくらいというていたらく(ってーか、ボーリングはこういうときに上げるの可?)。もちろん、競技のルールもわかるものは一握り。そういう状態で、例えばオリンピック中継なんか観ても見どころでどこが楽しいのかはさっぱりわかりません。(相方はスポーツ観戦が好きなTVっ子なんで、見る番組が無いときなんとなくオリンピック中継をつけてしまう)こういうとき、あてにできるのが実況のアナウンサーの方と解説の方。正確に言うと、あてにできる人かどうかが見てるうちにバレちゃうというか。民放のアナウンサーは、全般に盛り上げ系で一部競技を除くと(私的に)騒々しすぎたりしっくりこないしゃべりだと感じることが多くて、やっぱりじっくり競技はNHKのアナウンサーの実況が落ち着いて見られる感じ。うまい実況の方だと競技に集中したいときはちゃんと黙っててくださるし、少し緊張が緩んだときにさりげなく競技のポイントや選手の状況についてコメントを入れてくださる。(民放の人はコメントもなんとなくくどめの人が多い気がするのは偏見かなあ)
 刈屋アナウンサーはアテネ五輪の男子体操団体やトリノのフィギュア女子フリーの実況をされた方で、ほどよくて、しかもよくわかるコメントを入れてくださる、上に「栄光への掛け橋だ!」だとか「荒川静香にキスをしました!」なんて印象に残る(笑)キャッチを残された、私の感じるところ非常に優れたアナウンサーです(<えらそうですね)。この方の実況で中継を見ると、その競技がとても興味深く思えてくるすごい方なのです。
 これ読んでたら、体操男子団体の競技をダイジェストなんかじゃなく頭からかっきり見ておけばよかったとつくづく思った。見逃したのは、すごいもったいないことだったって気がしてくる。
 というか、HDDつきDVDレコーダーを買ったんでトリノはフィギュア各競技を生中継の方録画して見てたんだけど(二時間の枠にとらわれなくていいから)、こういうのって下位の選手の演技から見た方が断然おもしろいってことがよくわかった。いい実況と解説の方に恵まれると、見ているうちに競技の見どころや選手の状態、そして上位の選手がいかにすばらしい技術の持ち主かが私みたいなド素人の運動音痴にもしみじみと見えてくる。たまさかショートで失敗をした選手の、本来の実力ばりばりのフリーの演技が堪能できたりするし。
 そんなこと、オリンピックの全競技でやってたら寝る暇がなくなるけど。
 スポーツ中継好きな方もそうでない方も、ちょいと読んでみてほしい連載です。

|

« あと一月辛抱してみる。 | Main | トレンドリーダーは儚い »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7367/10517407

Listed below are links to weblogs that reference スポーツは実況:

« あと一月辛抱してみる。 | Main | トレンドリーダーは儚い »