« 高層マンションって意外とたいへん | Main | 香山リカ教 »

2006.07.14

「玄い女神」、読了

Amazon.co.jp: 玄い女神―建築探偵桜井京介の事件簿: 本: 篠田 真由美
 「からくりサーカス」を探しに行って、空手で帰ってくるのもなんだし…と百円棚から拾ってきました。篠田真由美ってなんとなく、こー。耽美系の小説を書く人という印象があったんですが(なぜそんな刷り込みが)、実際にはミステリ作家としての方が知られているわけで。ちゃんとミステリ作家として刷り込み直そうと思って選んだんですが、これって建築探偵桜井京介シリーズの二作目だそうで。シリーズを二作目から読むのは間違いだったかなあ…。しかも、作者直々に「これはシリーズ物としては、毛色の違った話」というような断わりを書いておられるし。
 ミステリとしては、トリックがあるようなないような…。どちらかというと「ホワイダニット」動機探しに重心をおいたシリーズだそうなんで、そちらに期待すると食い足りない感がありそう。早々に退場したあの人が、のあたりは想像がついていたし、その人が実はというのもなんとなく予想していたので、そちら方面の驚きというのはなかったです。集められた誰が十年前の事件の犯人なのか?の謎に素直に引っぱられて読みました。
 なんちゅーか、橋場さんは納得の上で狩野さんとつきあっていたのかのう。
 あと、探偵役の桜井君がすんごいでかいミラーサングラスと不自然に伸ばした前髪の下に鬼気迫るほどの美貌持ち、でなきゃいけないかどうかがよくわかんなかったのです。彼自身はその美貌がうっとうしいみたいだし、彼の美貌が謎解きに多いに貢献するというのでもないし。世間と距離を置きたいのに目立ってしまう要因としての美貌なのだろうか。
 で、最初の原因不明な刷り込みが払拭されたかというと、そうでもなかったり…。一応ワトソン役の蒼という少年や今回は顔見せだけの深春という京介の友達の描写がなんとなく耽美系のキャラ造形のような気がするし。
 勝手な思い込みですんません、ですが。

|

« 高層マンションって意外とたいへん | Main | 香山リカ教 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7367/11077685

Listed below are links to weblogs that reference 「玄い女神」、読了:

« 高層マンションって意外とたいへん | Main | 香山リカ教 »