« ZERO3[es]で写真を撮ってみる | Main | さよなら、ブライトさん »

2006.08.10

あれから一年

 「のだめカンタービレ」のドラマ化のうわさを初めて聞いたのはちょうど一年くらい前だったか。あのときはうわさのまま立ち消えだったけど、なんでだか今になって正式にドラマ化が決定したらしい。しかも枠は月9。月9は視聴率が低迷してから題材なんでもアリアリになってきたなあ。今さらトレンディドラマ(死語)でもないけどな。
 去年の段階ですでにのだめ役には上野樹里の名が上がっていたけど、今回の製作発表でもそれは変わらず。私の少ない映画・ドラマ鑑賞歴で接した上野樹里は芸域が広いというか役を選ばない女優というか。控え目な女性、天然、「スウィング・ガールズ」の鈴木友子みたいな破天荒なキャラまで演じる芸幅の広さならのだめもハマるかなーと。ず抜けて美人!って風じゃないのもしっくりくる。<すみません。
 千秋先輩は、去年のうわさでは岡田准一で、なかなかいいんじゃと思ってたんだけど、正式発表ではジェスターはん(byローグ・ギャラクシー)こと玉木宏。(去年から今年にかけて相方が「ローグ・ギャラクシー」をゃっていたんで、玉木宏と上戸彩の声をやたらと聞いた)やはし岡准はギャラ的に折り合わなかったのか?「木更津キャッツアイ」の映画のスケジュールとバッティングしたのか?玉木宏、特に悪いとは思わないんだけど、こー。指揮する姿が黒王子と言われちゃうってほどの容貌ではないよなー、とか思うわけで。<すみません。
 とかなんとか言ってますが、一応ドラマは見てみようかなと。のだめのピアノ演奏の特異な才能をどう表現するのか?とかドラマとしてクラシックをどう見せるのか?とか、懸念事項満載ではありますが、「動物のお医者さん」を全話見届けた私だから、多少 orz な出来であってもきっと大丈夫!<どういう自信でしょうか。
 一抹の不安はミルヒー役が竹中直人ってことか。竹中直人、出ると一人で場をさらっちゃうというか、目立ちすぎ・インパクトきつすぎなとこがあるからなあ…。

 すでに「東京フレンズ the movie」のCMが流れると「あ、裏軒の息子ー」などと言い合っている困った家。

|

« ZERO3[es]で写真を撮ってみる | Main | さよなら、ブライトさん »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

こんばんは

 黒木君のキャストがとても気になります・・・。オケは東京都交響楽団のようですね。学生時代に師事していた先生がここの主席Ob奏者でしたが、年齢が合わないので撮影には出そうもありません(残念)。この手のものはどうしても嘘くささが出ると思うので、まじめにクラッシックと向き合うよりは単純な恋愛コメディーにしてくれると、心穏やかに観られそうな気がします。

 別ネタですが鈴置さん。ちょうどPSPのGジェネPをやっていたので、あまりの突然の訃報が信じられませんでした。Lv上げのためにガンダムに乗せて出撃させたり無理させたから・・・<違います 元々実現性は皆無でしたが、閃光のハサウェイの映像化の望みが絶たれてしまいました。ご冥福をお祈りいたします。

Posted by: tate | 2006.08.15 at 09:11 PM

おっしゃるとおり、詳しい人は詳しい世界をベースにした話って、半端に作られると知ってる人にはお尻の座りが悪い感じがするでしょうねえ...。
今だからこそ「電車男」もまあまあ見られる出来でしたが、これが五、六年前だったらとても見られないイタい画面になってたこと間違いなしですもん。
ラブコメとしても、のだめは変種なキャラなんで、うまく作ればおもしろくなるんじゃないかと。まー、「うまく作れば」というのがむずかしいんですが。

鈴置さんは、こんなことになるお年だとはつゆほども思ってなかったんでショックでした。まだまだ活躍されると信じてましたから。
「閃光のハサウェイ」は、映像化はしそうにない話でしたが...。ある意味、ガンダムってノア家のサーガのようにも思えますね。
あと十年もしたら、スパロボの音源って聞くと懐かしくも切ない気分になるものになりそうです...。

Posted by: きいろ | 2006.08.21 at 12:08 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7367/11400038

Listed below are links to weblogs that reference あれから一年:

« ZERO3[es]で写真を撮ってみる | Main | さよなら、ブライトさん »