« リクルートはどこまで行くのか… | Main | むなげいやん »

2006.09.03

なんですか?このブチ切り方は…

 去年お友だちに勧められていながら劇場で見損ねた「妖怪大戦争」が「TV初登場!」だったので録画しておいたものの、なかなか見る時間がなくようやく再生。いやー、いきなり神木降之介くんが幼くてびっくり。これって撮った時期を考えると一年半~二年くらい前?この年頃の男の子は育つの早いな…。もったいない。<何が。
 妖怪「大戦争」と言いながら、あまり妖怪同士で戦争してない。てゆーか、自分たちの危機(なんだろう、加藤の怪物製造機のモトにされるわけだから)にも関わらず、真剣味はなく他人事な感じ。おもしろそうだから首を突っ込んでみたけど、興味が失せたらさようなら。それで自分の身が危うくなるかどうかなんか忖度しない。という人間とは違う感覚の持ち主として妖怪が描かれてるのはいいな。人外っぽい。
 しかし、その辺の力抜けた妖怪描写と「よわっちい男の子が苦難に巻き込まれて」ものとがちょっと分離して見えたとこも。特にすねこすりとの友情エピソードは少年物の王道で、分離感を増強してるきらいもあり。(好きだけど。ああいうベタなネタ)そして、その中でみょーにぺたりとえろい川姫のフトモモ。ああいう身の上だからてらてら濡れてて、だから「あれ?なんなんだろ?」とさすってしまうんだろうけど、さわり方がちと多めじゃありませんでしたか?宮迫幼少時と言い神木くんと言い。ああ仕事とはいえ、小学生のうちにムスメのフトモモなでるなんて、神木くんの今後が心配です。
 見てるうちに「そう言えば、『帝都物語』は読まず仕舞いだったなあ…」と思い出してみたり<加藤つながり。今はもう絶版だろうから、読もうと思ったらBookOffの百円棚か図書館かに頼るしかないだろうな…。てゆーか、全巻揃ってるのを確認して読み始めないと悲しいことになりそう。(と思ってたら、amazonで売っていたよ。在庫もあったよ。びっくり)

 ところで、このTV放送版、あちこちつまんであるのは放送時間の関係上しかたないとは思いますが、オチをざっくりああぶった切るのはどうなのよ?結局アレか?DVDを買うか借りるかしろと?

|

« リクルートはどこまで行くのか… | Main | むなげいやん »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7367/11913485

Listed below are links to weblogs that reference なんですか?このブチ切り方は…:

« リクルートはどこまで行くのか… | Main | むなげいやん »