« 金田一さんの恋 | Main | 晴れて無職になりました(涙) »

2006.12.27

行間がゆるい気が

 どう考えても明るい未来が見えないまま、先週ばたばたと「メタボラ」(朝日の新聞小説)が終了しました。ギンジとジェイクの道行きには(状況からして道行きとしか思えません)どんな意味があるのでしょう。<虫食い読者ゆえ読解できませんでした…。単行本化の際には最後の二章ばかしにはかなり加筆される予感。
 さて、桐野夏生先生のしんどい現代物の後は、ちゃんと完結するのかふあーんな夢枕獏先生の登場です。相方は読む気満々のようなので、私はその感想でも聞くことにしよう。<なんちゅー態度。一応毎日掲載欄は確認してるんですが、気のせいか「メタボラ」に比べると行間がすかすかな感じがあるんですが。相方言わく、「夢さんは改行多いから、そう見えちゃうんだよ」だそうですけども。

|

« 金田一さんの恋 | Main | 晴れて無職になりました(涙) »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7367/13339520

Listed below are links to weblogs that reference 行間がゆるい気が:

« 金田一さんの恋 | Main | 晴れて無職になりました(涙) »