« ご時世ですなー | Main | 今さら本気ですかい。 »

2006.12.13

紀伊国屋、撤退

 福岡の中心地、天神は、本好きにはたまらない場所でもあって、ものすごくものすごく狭い地域に紀伊国屋と丸善とジュンク堂が密集している。だからどこか一店で探している本が見つからなくても「向こうにあるかなー」と漂っていくのも苦じゃないし、ビーズのレシピ本なんかも現物をちらちらチェックしてからどれを買うか決めたりできる。(ああいう実用書は作りたいと思えるものが載ってるかどうかが大事なんで)書店的にはどうよ? でしょうが、消費者としてはいたくいたくありがたい環境だったわけです。この上に、地元のそこそこ大型書店もあるから、選択肢たっぷりで。
 でも、出版不況のさ中、こんな状況が維持できるはずもなく。
 ついに紀伊国屋が天神から撤退するそうな。えー、天神に出店した首都圏大型書店の草分けが!
 まあ、丸善が三階、ジュンク堂に至っては入り口が一階にある上にフロアが四階分という環境の中で、六階・ワンフロア・あまり広くもない、上に入ってるビルがプチ109状態の天神コアじゃ勝負にならないよなあ。最近はテコ入れのためかDVDコーナーを充実させて特色を出そうとしていたけど、お客は書店にDVDの品ぞろえは期待しないと思う…。それよりも、本そのものの品ぞろえや棚配置をどうにかしてほしかった。最近は「紀伊国屋に行ってもねえ…」と行き先からはずすこともあったし。
 首都圏から進出して、天神から撤退していった書店では、八重洲ブックセンターの短命ぶりが忘れられないんだけど、あれも三越の八階なんて「わざわざ」行く場所だったのが敗因だったんじゃないかと。店頭にない本を、当時としては短期に取り寄せるサービスで巻き返しを図ったけど、今はネット書店が隆盛しているからあんまり効果がなかったみたいで。
 あと、岩田屋のLIBLOは好きだったんだけどなあ…。品ぞろえに個性があったし、岩田屋というか当時のZ-SIDEの建物そのものが、天井高くて通路広めでいて快適な場所だった。本店移転で売り場面積が縮小された煽りだかで撤退してしまったのが残念。LIBLOそのものは、また天神へ返り咲きたい野望があるらしいけど、Z-SIDEみたいな環境はなかなか見つからないっぽい。

 というわけで、紀伊国屋も博多駅を足場に福岡での営業力を伸ばす算段は立ててるみたいで、福岡・天神の書店戦争はまだまだ続く模様。本好きにはどこも倒れず共存してくれるのが一番なんだけど。

|

« ご時世ですなー | Main | 今さら本気ですかい。 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7367/13204077

Listed below are links to weblogs that reference 紀伊国屋、撤退:

« ご時世ですなー | Main | 今さら本気ですかい。 »