« デイリーポータルのTV版? | Main | ご機嫌斜め »

2007.03.12

引っ越しびんぼー

 現職場の同僚の方にダンナさんが転勤族という人がいて、お昼時に「実はまた引っ越ししなきゃならないんですよー」とおっしゃる。「いつですか?」「春の移動なので、今月末には」。えっ、じゃあ、ここの仕事は?
 「二、三年で移動し続ける生活にちょっと疲れたので、今回は一人で行ってもらうことにしました」。こちらには縁もゆかりもないそうなんですが、初めて住んでみた九州が住みやすくて長居してみたい気持ちになったんだとか。お子さんはいないと聞いていたから、残る理由は特にないんじゃ? と思ったけど、そろそろ終の住み処をどこにしようかと考えつつあるとのことで、お試し期間の意味もあっての一人居残り。転勤族はそういうことも考えなくちゃいけないのか。
 しかし、所帯を二つにするからにはいつにも増して物入りなのでは。会社から引っ越し補助は出るんでしょう? とたずねたところ、「毎回全然足りません」だそうです。引っ越し先によって借りる住まいの規模も変わるので、家具の中にはたびたび処分しなければならなくなるものもあり、もちろんそのたびにお金がかかる。その上今回の所帯分割は自己都合だから、そっちの費用は自分たちで捻出するしかない。今後は彼女の住まい分の家賃や光熱費も発生する。「今もんのすごいびんぼーです」と苦笑されてましたが、それだけの出費をしてもやっと慣れた土地に住む精神的安定を取ったということなんでしょう。
 しかし、転勤族の引っ越し費用ってすごい額なんだなあ。よく転勤可の人と不可の人では給与の額が違うと聞くけど、話を聞いていると差があるのもやむを得ないのかも。

 ちなみに、と言うか、私は引っ越しが大嫌いで(荷造りの最後の方でどうにもカテゴリ分けしようのないものがごろごろ床にあふれ出すとぼーぜんとしてしまう)、転勤族のヨメなんて金輪際勤まりません。

|

« デイリーポータルのTV版? | Main | ご機嫌斜め »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

福岡はよくその手の話を聞きますねえ。
わたしも某所で一緒だった転勤族の友人が、その後転勤した福岡にそのまま、進学した子どもと住んでいて、だんな様が1人で転勤して回っています。
mixiの転勤族関係のところでも、夫婦2人でも単身赴任、というテーマが盛り上がっていたなあ。

うちはとりあえずはずっと一緒に移動して回る予定なんだけど、あくまで予定は予定なので、どうなることやら(^^;
月に1万5000円ずつ引越費用に積み立てていますが、大抵足りません(;_;)

Posted by: luna | 2007.03.27 at 07:53 AM

うちは転勤族ではなくて、出張族で全国回っているだけなのですが、「九州が住みやすそう」というのは出張族でも感じるらしく、もしどこかに終の棲家を探すとしたら、九州がいいなあと思ったことがあるとか言ってました。
ま、家建てちゃったからここを終の棲家にするつもりではいるみたいですが。

その家、建て替えだったので引越が2回必要だったのですが、どちらの引越も当日ダンナが出張でわたくしひとりでやりました(荷物運びは業者さんですが)。それもなんだかなー。

Posted by: こゆみ | 2007.03.28 at 12:20 AM

福岡って(関東から来た人から見ると)田舎かと思ったらそこそこ都会で街の規模もほどよく、ちょっと車で走れば山も海も温泉も満喫でき、温暖だけど暑いーってほどじゃないってあたりがなじみやすいようです。
お子さんがいると学校の問題もあるからダンナさんだけ単身赴任って話はよく聞きましたが、二人所帯でもそんなことがあるんだなあと。

やーもー、たいへんですよねえ、引っ越し。金銭的なことはもちろん、肉体的にも精神的にも。
転勤族の彼女は、タンスはなるべく持たず、荷物はほとんど衣装ケースに詰めてそのまま梱包できるようにしていると言ってました。
そこまでしなきゃいかんのか...。

Posted by: きいろ | 2007.03.28 at 01:14 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« デイリーポータルのTV版? | Main | ご機嫌斜め »