« 伸び悩んでいるらしい | Main | つまり「小説」ではないんだな »

2007.03.04

山川さん、ついてきてますかあ?

 本日のNHKBS2の番組欄を見てびっくり。
 山川静夫さんの「新・華麗なる招待席」の演目が。
 サクラ大戦歌謡ショウ???
 えええ、NHKでサクラ大戦歌謡ショウ・ファイナルをやるですか。
 無料なので、この機会に見てみることに。わたくし、芝居しゃべりとか苦手なので、ついていける自信はまるっきりありませんが。
 で、やっぱりついていけませんでした…。まず、ゲームの役柄を元ネタの声優さんに演じていただくという主旨には賛同したいのですが、アイリスみたいなキャラだと大人がやるのはビジュアル的につらいです。芝居マジックに目慣れてないので、適度に脳内変換というのがうまくできない。舞台でやる制約があるせいか、本筋のドラマ部分もちょっと盛り上がりに欠ける感じ。ちゅーか、死んだ人が生き返っちゃうのは、事情があるとはいえなんだかなあ。愛が連呼されるのも年寄りには気恥ずかしいし。(あの劇中劇の「新・愛ゆえに」ってどういうオチだったんでしょうか。ちらっと目を離した隙に終られてしまった。オンドレだっけ? と花売り娘は駆け落ちでもしたの?)
 でも、舞台芸能の入門としてはいいのかも。なんでもかんでもごった煮みたいに入ってて、一通り体験できる感じ。実際、広井王子的にはそういう狙いもあったようだし。

 放送するNHKも演目に不安を感じていたのか、本編が始まる前や幕間に、「サクラ大戦歌謡ショウとは何か?」「意外とちゃんとした演劇人が評価している演目である。その証拠にこんな人たちが!」みたいな解説チックなコーナーを設けてあるのがなんとも。山川さんもアシスタントの方も初めて触れる世界なのか、なるほどーなるほどーって感じで話聞いてらっしゃいましたが。

|

« 伸び悩んでいるらしい | Main | つまり「小説」ではないんだな »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 伸び悩んでいるらしい | Main | つまり「小説」ではないんだな »