« 風邪その後 | Main | 意外と身近に »

2007.06.25

再検査に行きました

 先日の衝撃の健康診断の結果が返ってきました。懸念していた貧血の方は、今年は人並みの数値ということで一安心。あれだけ鉄剤飲んで、それでも体内に鉄が滞留させられなかったら私はどーしたらいーのー?と軽くながらも気にしていたのでほっとしました。が。
 代わり(?)に胸にしこりのよーなものがあるかも・ないかも、なので乳腺エコーを受けてくださいね、という診断書が入ってました。
 こういうのって、なんちゅーか、こー。ヘコみますね。マンモの方では引っ掛かってないようなので、たぶん大丈夫と思っても、気持ちはマイナーへマイナーへ流れていくもの。実は十年ばかり前細胞診などやったこともあるので(その時はもちろんシロ)、あの後十年かけてナニがアレしてるかもしれんし…とか、よけいなことを考えてしまいます。なので、早めに予約を入れてとっとと白黒はっきりさせることにしました。

 乳腺エコーは、マンモに比べると全然痛くもなくてそっちは気が楽でしたが、センサーが同じとこを何度も何度も行ったり来たりすると「そこに何があるんだよぉおぉーっ」と検査している方を問い正したい気分になります。(ほんとにはやりませんが)
 結果は、ここにのほほんと日記など書いてるくらいなので、まっシロシロというのはおわかりのことと思います。ホルモンの関係でできる水泡みたいなのがいくつか見受けられるけど、特に悪いものじゃないから大丈夫。ほんとにマズいものはマンモで引っ掛かるから、との先生のお言葉でした。
 いやー、よかったよかった。
 とのど元過ぎたらナントカにせず、来年もちゃんと健診受けなきゃ。もうトシなんだから。

 しかし、気持ちがマイナスループしていたとき、もしナニでアレな結果が出たら残りの時間で何やりたいだろう? と思ったときに、特にこれというものを思いつかなかったわたくし。脳が貧しくなっているかもしれません。そっちの方が急ぎ治療が必要のような。

|

« 風邪その後 | Main | 意外と身近に »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 風邪その後 | Main | 意外と身近に »