« ハネケンさんが… | Main | あの店には当分行けない »

2007.06.06

私の耳は

 NHKでこの春くらいからやっている「SONGS」という番組で大貫妙子の特集をやっていたのでチャンネルを合わせてみました。
 大貫妙子は「すごく好きっ」てわけじゃないんですが、たまーに聞くと気分がぼわーっとなっていい、というか。曲調もご本人の声質もきりきりしゃんしゃんとは逆の風合いで、どこから聞いても明らかに「大貫妙子」とわかる感じもいいです。でも、番組見てて、「メトロポリタン美術館」がすでに20年前の曲(1984年だそう)だとわかり愕然。きっと若い人は知らなかったりするのね…。
 というか、そもそも「SONGS」という番組がかなりアッパーな世代の人向きと思われ。来週は佐野元春、その次の週のドリカムはどうなんだろう? 番組のサイトで過去のラインナップを見てみたら、やっぱり全般にオトナ向きっぽい。(<オトナには含みあり)工藤静香がなんとなくわかんない…。

 ところで、といきなり話を変えるのもアレですが、私の耳は貝の殻、なわけがなく、いや、からっ欠な感じでは同じですが、私の耳はかなりいー加減で、よく人に「○○って××っぽくない?」と訊ねては、不可解な顔をされたりします。
 だから全然自信もなく言うのですが、先日iPodでシャッフルしていたところ、突然大貫妙子の歌声が聞こえてきて、でも私はiPodに大貫妙子を入れた覚えが無いのです。しかも、全然聞いたことのない曲だし。おかしーなあ? と液晶の表示を確かめたら。
 「ゲド戦記」という私の見ていない映画の歌集アルバムでした。そんなもん、突っ込んでいたことなどすっかり忘れていたよ…。
 というわけで、私が大貫妙子だと勘違いしたのは、ゲドの主題歌を歌った娘さんだったのですが。
 似てると思いませんか? だめ?

|

« ハネケンさんが… | Main | あの店には当分行けない »

「音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ハネケンさんが… | Main | あの店には当分行けない »