« 「天竺熱風録」、読了 | Main | 二度目の正直であって欲しい »

2007.07.14

ダメすぎるわたくし

 年を取ってTVはNHKBSシフトの私なので、昔を懐かしむ「お宝TV」なんて番組も見ちゃいます。昔を懐かしむには早過ぎる気もするけど、音楽的にはすでにラップやヒップポップから脱落してるしバラエティは「続きはCMの後」に疲れて見る数激減だし、年相応のTVを見る縁側人生もまあよかろうかと。
 しかし、縁側にも業に訴える何かが落ちていたりするもので、今回テーマに取り上げられていた田宮二郎版の「白い巨塔」。残念ながら本放送時に見ていた記憶はなく去年だったかに製作された唐沢版も未見なので、思い入れもなく流し見していたところ、ふと画面に気を引かれてしまいなぜなんだろう? と我ながら不思議に。すると相方が「これだけあちこちでガンダムについて話題になるのに、渡辺岳夫の音楽は影薄いよなあ…」と突然言い出す。「?」を飛ばしていると、「昔の『白い巨塔』の音楽、渡辺岳夫だよ」と言うのです。意識して聞くと、ををを、私には病棟の壁ではなくサイド6に入港しようとするホワイトベースが見えますよ! なんだ、画面じゃなく曲がアンテナに引っ掛かったのか…。
 そう言えば、トミノ演出や安彦絵、独特なセリフ回しを含めたシナリオのことが話題に上がる割合を考えてみると、渡辺音楽の話はあんまり聞かないよなあ。でも、一年戦争のBGMはやっぱり渡辺岳夫でないと! 本編では使われなかった(と思う)けど、「艦隊、空へ」は好きな曲です。

|

« 「天竺熱風録」、読了 | Main | 二度目の正直であって欲しい »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 「天竺熱風録」、読了 | Main | 二度目の正直であって欲しい »