« July 2007 | Main | September 2007 »

2007.08.31

Wiiが来ましたよ!

 アニメを見る人としてもかなり脱落気味なわたくしですが、ゲーマーとしても相当ダメになってきました。今年なんか一本も手をつけてない気がします。去年DSに刺した「おで森」が最後かも。しかも「おで森」も放置プレイ。
 …あ。去年の年末にガンオケ白の章をやってるわ。<その上健忘症悪化。
 こんな私ですから、去年から取りざたされている新ゲーム機のシェア争いなんてものには大きく取り残されています。悪いがよっっっっぽどのキラーソフトが現れないかぎりXbox360を買うことはないだろうし、PS3はまだやりたいゲームが出てこないし、Wiiは疑似体験マシーンとしてはいい感じだけどゲーム機って気がしないし。
 というわけで最新機種とは縁もなく(DSもLiteじゃないし)暮らしていた我が家に、なぜか急に我が家と最も縁遠いと思われていたWiiが出現しました。…わたくしの誕生日プレゼントとして orz。
 確かDSも誕生日プレゼントとしてもらったような。しかも実のままんから。どうなの、そんなン十ン才。
 どう思おうと、それが現実だからしかたない。今回Wiiが来たのは、最近の私のあまりにもひどい運動不足っぷりに相方があきれていたせいと思われ。というのも、一緒に来たゲームが「Wiiスポーツ」だったから。以前から「『Wiiスポーツ』ってちゃんとやったらけっこうな運動量になるらしいよ」「あれでダイエットしてる人がいるらしい」と未練たらしく言っていたのを憶えられていた模様。いやまー、確かにここのところあづいあづいと文句垂れてはごろごろぐだぐだ暮らしていたのは認めますし、と言いながらも「こんなんじゃだめだ、ダイエットしなきゃ」と口だけは言い募り続けていたのは事実でございます。そんな私に耳タコになるのも致し方ないところでございましょう。しかし、だからといって現物が来てしまうとは。
 これて言い逃れはできなくなったと言いましょうか。それなりにスポーツの秋にしなければならないという、これは無言かつ強力な脅し、でございますね?
 ご期待に応えてちょいと「Wiiスポーツ」を起動してみましたが、これがけっこうな運動量です。私みたいな一度座ったらなかなか腰を上げない人間が30分もやったら汗をかくほど。これはまぢめにやったら身体にはよさそう。<まぢめにやる気、ないんかい!
 しかし、うわさには聞いていましたが、Wiiリモコンの使い心地って不思議というか不気味というか、ないものがあるみたいに認識されるのはそう作ってあるとわかっていても違和感あります。こんな感覚、ゲームでは始めての体験です。これは他の二機とはまったく違うタイプのゲーム機ですねえ。おもしろい。
 ボウリングの玉がごりんごりん思わぬほうに回転していき、リアルボウリングより激しくスコアが悪いのがご不満。

| | Comments (0)

2007.08.30

この上ケータイ(うそ)のバッテリが?

 私のはケータイじゃなくてPHS…。
 今年の夏はテレビが壊れPCの液晶が壊れ、どこからか壊れ電波を受信しているのではないか? と我ながらいやぁな気持ちに襲われがちでした。冷蔵庫と洗濯機を前に「壊れるな」「壊れるな」と念じてしまうほど。
 しかし、ここに強力な伏兵が。このところZERO-3[es]がやたらめったらバッテリ切れを起こすのです。充電しても充電してもその日の夜にバッテリアップ。私はぬるい使い方をしているので、早くても2日は持つはずなのに。放置気味の時なら5日は余裕で行けるのに。もしかして、最近流行りのバッテリ不良なのでしょうか。まさか使い始めて一年で、摩耗しちゃうってことはないですよね、ですよね?
 と無機物に問いかけても全くの無駄なんですが。
 ああ、今度はバッテリの買い替えかあ、アドエスは数字キーがないから、個人的には[es]の方が好きだしなあ。<こらこら、このド貧乏状態でちょっとでも機種変を考えたのか。
 と半ばあきらめかけていたものの、一応willcomのサイトでFAQなどチェックしてみたところ、ソフトを立ち上げっぱなしにしているとバッテリの消耗が早いとある。そういえば最近、立ち上げが遅いのにいらいらしてメーラーやブラウザを立ち上げっぱなしにしていたなあ。ダメ元でなるべく使い終ったら落とすように心がけたけど、やっぱりものすごい勢いでバッテリマークが減っていく。ダメか。
 本気であきらめかかったとき、ソフトが原因で消耗率が変わるならと久しぶりにソフトリセットをかましてみました。<久しぶりってどーよ? ZERO-3はケータイというよりPDAなので、適度にリセットしてやったほうが具合が良くなるのです。
 するとまあ、昨日までのバッテリ消耗が嘘のように、劇的に持ちがよくなったではありませんか! ほんとに効果があったビフォア・アフター。
 あまりに初歩的なボケを放置していた自分もなんですが、何にせよバッテリの交換費用が浮いて心からうれしい私なのです。

| | Comments (0)

2007.08.29

「すくいず!」、怖かった

 アレな人々の間では「すくいず」というと違うモノの略称になるらしいと最近知ったのですが、ここで言う「すくいず!」はテレビ朝日のクイズ番組(?)です。
 怖かった、と書くと、ますますあっちの「すくいず」になってしまうかもしれませんが、私が怖かったのはたまたま見かけた「世界一キモいクイズ」という企画の回です。老いたとはいえ生粋のヲタである私が、並み居るヲタのみなさんを見て今さら怖がるはずもありません。そこで交わされる出題の数々に、時折「それって基本じゃないの?」と心ツッコミをしている自分に多少肝が冷えましたが、それも予想の範囲内です。
 私が怖かったのは、こっちの方が今さらかもしれませんが、最早ヲタである自分を隠さず、むしろ売りとしてやっていける時代になっちゃったんだなーってことを再確認したからです。その辺、「アメトーク」の○○芸人シリーズを見てても感じてはいたんですが、あっちはお笑いの人が芸としてやってます感が強かったからなあ。
 ヲタダダもれでも生きていける。それはいい時代なのかもしれんけど、ヲタは日陰者として仮面をかぶって生きていくものと思っていた私にはどうにもこそばゆいというか。後ろ指を指されてナンボみたいな自虐根性が染みついているので、陽のあたる道はなじめそうもないですよ…。
 半田健人、最近あちこちで見るなあ。こないだは鉄ちゃんポジションで語っていたような。

| | Comments (0)

2007.08.28

生まれて初めて。かも

 夕方ちょいと用があって、スーパーで遅めの買い物を済ませてぷらぷら帰宅していたら、月がちょっと変な形。欠けてるけど三日月とは違うような。
 と「?」とばしたところで、今日月食だったことを思い出した。天気が悪くなりそうと聞いたときに「じゃあ、見られないな」とあっさりあきらめたから、すっかり忘れてましたよ。こんなに晴れるんだったら用事飛ばして一番欠けてるとこが見たかった。もったいないことをした。
 こういう天文的なイベントは天候に左右されるところが大きいから、観測可能地点でもきれいにはっきり見えるかどうかは運次第&大人はそのとき時間取れるか次第。で、私はその運に恵まれなく、かつ、忘れっぽいもので気づいたらとっくに終っていた、という間の抜けたことばかりで、「これは月食!」とちゃんとわかって見たのは生まれて初めてかもしれないというていたらく。
 こんなどんくさい私なので、この先の月食ともちゃんと遭遇できるかちょっと疑問。もしかして、これが最初で最後だったりして。<それはひどすぎる。

| | Comments (0)

2007.08.27

すいませんが、極刑で

 広く世間で起こったことをどうこう言えるような身の上でもなければ見識もない私ですが、凡人ゆえにわかりやすく腹を立てることも多いです。それを公で口にするのはいかがなものか? というなけなしの理性くらいはあるので、普段はなるべく日記では触れないようにしているんですが、今回はちょっとメーター振りきれるくらい腹が立ったので直截に書かせていただきます。
 ネットで打ち合せて見も知らぬ女襲って金奪って殺すようなやつぁ、地獄行き。
 言い訳なしで即座に極刑にすべし。
 女は強くなった、男は形なし、とか言われるけど、夜一人で歩いている男性と女性がいる場合、金奪おうと思っているばかが反射的にどっちを選ぶかというとやっぱり後者なわけです。だから女性は日の暮れる前に帰れ、なんて時代でもないし、所用で帰りが遅くなるのは男も女も同じなのです。女に生まれちゃったというだけで、21世紀になっても陽が暮れたら男性の何倍増しのリスクを負わなきゃならないなんて…。でも、それが現実。
 だからこそ、こういう身勝手な思いつきで重罪犯すばかは死ぬほど後悔する目にあって極刑に処していただきたいと、感情的と言われても主張してしまいます。何も悪いことはしていないのにつらい目に会う人は世の中にたくさんいて、誰でも同じ身の上になる可能性はあって、だから今回の被害者の方はその中の一人に過ぎないという人もいるかもしれないけど。
 普通に堅実に生きてる方だったら、こんなことをしでかすあほ三人の命でもあがなえないほどの存在だと思えてきてしまうのです。

 いろいろとむずかしい背景があるらしく、これも私ごときが軽々しく口を挟めることじゃないのは承知してるけど。
 山口の母子殺人事件の容疑者が、被害者に母性を見たのが犯行の原因でごーかん目的や殺意はなかったと言ってると聞いたときも口あんぐりでした。以前の陳述と内容が変わったということは、こういう事情であるほうが性的な目的よりも犯罪として軽くなるという判断からですよね。私ら女は、母性見られたら襲われたり殺されたりしても仕方ないってことですか? あからさまな性的目的じゃなけりゃ、そういう目に会うこともありだよねって司法は判断するんでしょうか。冗談じゃないです。それじゃあ、どんなにつつましく地味に、アナクロなおじさんたちが期待するような女性をやったってリスク回避になりゃしない、むしろ増大ってことになりませんか?
 ほんとに戦後、女と靴下は強くなったんでしょうか。ときどきどん底にわかんなくなるんですけど。

| | Comments (0)

2007.08.26

遠くて行けませんが

メイド美容院
 福岡にメイドカフェが進出してきたのは二年くらい前でしょうか。物珍しかったせいか、ローカルの情報番組で取り上げられたりもしましたが、その後どうなってるんだろう。何ヶ所かできたはずなんだが。もはやふつーになってしまったのか、立ち行かなくなってしまったのか、あるいはもはや時代はメイドの次なのか、最近はあまり聞かなくなったなーと思っていたら、郵便受けにこんなチラシが。
 メイド美容院?
 美容院、というとなんとなーく女性のお客さんがメインという気がするんですが、この場合はやっぱターゲットは男性なんですよね? 女性がメイドさんに髪切ってもらっていけないことはないんですが、私的には別にメイドさんじゃなくてもいいし。男性も床屋じゃなくて美容院利用の方も増えておられますし。
 と謎に思っていたら、なんとこの店新聞の地方欄で取り上げられてました。多少食傷気味になってる「メイド」でも、当地初となるとさすがに注目もされる模様。オーナーは、もちろん美容師資格を持つ20代の女性でメイド服着用。そして、予想通りと言いましょうか、お客さんのほとんどは男性でお帰りの際には「いってくるよ」などと言い残していかれたりするそう。喫茶店と同じ作法でいいのだな…。
 しかし、この店、家から行くにはけっこうな距離、というか、とても通常利用しようとは思えない場所にあります。なのになぜ、このあたりにチラシまいたのかしら。まあ、他にない店なら利用したいと思う方は遠方からでも足を運ぶでしょうけども。


| | Comments (0)

2007.08.25

こういう人生を送りたかった

 年寄り臭くてヤなんですが、実際年寄りと言われてもしかたない年だからしょうがない。私より一回りは若いと思われる同僚の話だと、最近は頭が悪いほうがカッコいいという風潮があるそうなんですがほんとでしょうか? まじめが流行らないのはもうずいぶん前からだけど、ついに頭が悪くまで到達したとは。ポーズならともかく、ほんとに悪くてもいいんだろうか。ここで言う「悪い」はどの程度のレベルまでを言うんだろうか。べんきょができても頭が悪い人っているしな。

 私はどっちかというと頭はよくなりたいです。べんきょができるんじゃなくて、聡くなりたい。なりたくてなれるもんじゃありませんが。もう全然手遅れでもありますが。
 だからはてな匿名ダイアリーの「何でも楽しいという友人」を読んで、つくづくとこんな風に感じられる感性の持ち主になりたかったと思った。こんな豊かな人生ってない。毎日毎日新しいことを知ることができて、工夫を凝らす対象がたくさんあって、死ぬまでその楽しみは尽きることがなくて、やりがいあって楽しいんですよ。死ぬときは学べることがまだこんなにたくさん残ってるのに! と心残りがあるかも知れないけど、でもそのくらいがちょうどいいのかもしれない。
 勉強とかって、ほんとはこういうふうにやるもんなんだと思った。
 これがほんとの話であろうと書いた人の創作であろうとかまわない。心持ち一つで人生何でも楽しくできるよね。私もこうありたい。…ありたいけど(涙)。<器の違いを噛みしめ中。

| | Comments (0)

2007.08.23

そうか!

 月末が近づき今月のお給料が入るころなんですが、それは同時に今年度二回目の地方税を払う時期が近づいたということでもあり。事前に「上がりますよ」「上がりますよ」と聞かされて覚悟はしていたものの、実際に払う段になるとその上がり幅が身に染みます。世間的には微々たると言われそうな額かもしれないけど(涙)。今回はどこからやりくりしようかと、通帳をにらんで悩みます。<毎月積み立てておきなよ。
 すでに所得税が下がってるそうだけど、あんまり実感ないですよ。今年になって勤務先が変わり、時給が変動したからわかりにくいというのもありますが。
 で、ふと気づいたんですが、年末調整というものがありますね。あれって所得税の取りすぎ分を返してくれるものなんですよね。ということは、所得税が減って地方税が増えた = 調整の原本となる所得税支払額が減った = 年末調整で返ってくる税金も減る、ということなんでしょうか。
 やっぱ増税なんじゃん。

| | Comments (0)

もてない男

 そういうタイトルの新書がありましたがそれではなく、どこぞやのブログで読んで「ああ」と思った。
 もてない男の人はもてる男とどこが違うかというと、相手が自分と一緒に過ごすことを楽しいと思っているか? を考えられる。自分の気持ちや楽しさよりも相手の気持ちに配慮できる、気づかいできる、ってとこじゃないか、というようなことが書いてあって、ああ、そうだよなーと。基本かもしれないけどその基本を忘れちゃうことが多いよなー、と改めて思ったわけです。どれほど見栄えがいい男でも、いつもいつも自分だけが大事な人、自分の気持ちだけを押しつけてくる人だとついていけなくなってしまいます。長いつきあいとなると、見栄えより心づかいが大事というか。
 もちろん、これはもてない女でも言えることだろうけど。<自分に刺さりますな。
 けいさつの人が仕事道具でおんなの人を死なせてしまいました、という例の事件について、いきさつがニュースなどで報道されるたびに「それってストーカーやん」「ちゅーか、そこまで兆候が出ていたなら、なぜ周囲は気がつかぬ…」とやりきれない気持ちにさせられるのですが、中でも見ててもにゃもにゃした気分にさせられるのはなぜこんなにも「相手のことが好きな自分」「こんなに一生懸命に相手を思う自分」から軸がずらせないんだろう…という疑問が頭から離れないせいかも。それが人を好きになるってことですよ、恋は盲目ですよと言われるかもしれないけど、恋愛は一人ではできんのよ。はっと自分を客観できる瞬間、自分の外側に気持ちがいく瞬間がないと、独り相撲になってしまうのではないかと。いや、私ごときがこんなことをえらそに言うのもなんだが。
 それをやることで満足を得る自分の気持ちだけじゃなく、それをされることで相手もまた楽しい気持ちになるかも考えてあげてくださいよう。それができないと先々煮詰まってくるものだし。実際煮詰まってしまったみたいだし。

 亡くなった女性について、あんな看板を映しながら「飲食店勤務」と言い続けるニュースというものに「ううむ」と思わされたり。
 ちなみに新書の「もてない男」はこれ↓。もろ春画の話とかが出るので、はじらう乙女の人とかには勧められない。
もてない男―恋愛論を超えて (ちくま新書)

| | Comments (0)

2007.08.22

この季節がやってまいりました

 新聞を読んでいますと、来年の運勢を占います細木数子先生のご本の広告がどばんと下段ぶち抜きで載っておりました。
 ああ、朝からこんなにもわーっと暑くてだれてしまいそうだけど、もう秋が間近なのね。もうしばらくの辛抱だわ。
 来年度版の占い本の広告に秋の訪れを感じるわたくしです。

| | Comments (2)

2007.08.21

そんなにいるのかなあ?

 男なら浮気するのがあたり前。
 のようなことを言っていたのはさんまだったかいな。フツーの男ならええ女にむらむらっとくるのは当然といったような。そのフツーの男の基準がよくわからないわたくし。だったら、私の周囲の男性知人の皆さんはフツーではないのか。…フツー、と強く主張できないのがつらいとこではあるけど。<失礼な。
 なんてことを考えたのは、日経womanの特集で探偵に浮気調査をしたときのお値段、なんて特集をしていたから。ミステリでは探偵というとちょっとカッコよさげな雰囲気だけど、実態は小間物探すとか浮気調査とかって地味ーな仕事ばかりというのは知ってる人は知ってる話ですが、じゃあ浮気調査でいかほどの収入が得られるんだろう? という逆の興味もあって読んだ記事です。
 で、一回数時間の調査だったら五万円くらいを想定しておけばいいようです。探偵視点の時給で言うと15,000円+実費だそう。が、よほど確信をもって依頼した時間帯でないかぎり、一回ぽっきりで首尾よく現場を押さえられるとも思えないし、現実的には15時間パック20万弱くらいは最低覚悟しないとだめなんだろうな。
 ちゅーか、20万もかけて浮気調査しなきゃいかんような男なら、ちゃっちゃと別れたい。お金がもったいない。と私は思うんだけど、子どもとかいたりするとそうあっさりとはいかないんだろうな。
 女性のカンの鋭さは尋常じゃないというのはよく聞く話ですが、こちらの探偵さんも女性が浮気を疑ったら、彼なら八割、夫なら九割はクロだとおっしゃってるから恐ろしい。いったいどういうボロの出し方をしているんだ。浮気をするなら(浮気で終らせたいなら)、ばれないようにマメにマメに動いてこそ男。その甲斐性がないなら浮気する資格なしではないのか? 簡単にいい目が見られると思ってるなら大間違い、一夫多妻のダンナだって次から次に好きになった若い娘をヨメにして、その子とだけ楽しくやれるかというとそういうもんでもないらしいし。

 この記事を読んだ職場の同僚が「でも、男性の八割は浮気するらしいですよね」と言うので、思わず「なんで八割!?」と聞き返してしまいました。なんでも結婚した友だちにダンナの浮気に悩まされている人が少なくなく、加えて以前の職場の男性の先輩が「俺の知り合いで浮気してないやつはいない。だいたい男の八割は浮気する」と豪語していたからだそう。
 そ。そんなにいるのか、浮気男。ちゅーか、発生率高すぎませんか。類は友を呼ぶそうだから、その先輩は同じ嗜好の知人ばかり持ってたというだけじゃないですか?
 と彼女には言ったんですが。彼女は未婚で結婚はしたい派なんだけど、男の八割浮気男説を信じてしまうと、八割の確率でそういう男と結婚することになるんだけどそれでもいいのか? 二割を選り出すのは大変だと思われ。
 それに、その説が本当だとしたら、私の男性知人はその二割を選り出したか、もしくは男でない可能性があることになりますが。そんなピンポイントな縁ってどうなの。

| | Comments (0)

2007.08.20

昔、世話になったんだけどなあ

 このところすっかりと旅行とは縁遠くなりましたが、正社員で独身だったときは、ちょっとまとめて休みが取れそうになると「どっかに行きてー」病に罹ってばかりいました。懐がそれほど暖かくもなかったし、まとめて休みと言っても二、三日がせいぜい。というわけで、行くのは専ら近場のアジア。特に中華料理が好きなので香港には数年おきに行っていたような気がします。そして、予算低の私がよく利用していたのはキャセイパシフィックではなく。
 …中華航空。
 だから、今回の事故はまぢでうわおぉおーって感じでした。以前のびんぼなりに旅行に行きたがっていた私なら、ものすごい低確率ながら(なぜなら乗る回数が数年に一度)まるっきりババを引かないという保証もなかったと思われ。
 中華航空、機内食はまあまあおいしかったのにな。(国際線では重要事項)フライトアテンダント(と今は言うのか?)のお姉さんの制服がチャイナなのはいいが、淡い紫色なのがいまいちだった。
 そして、思い出してみれば機内で天井材が一部浮いててばかばか揺れてるのを見たことがあるな。海外の航空会社が多少アバウトなのはよくあることのようだから、あまり気にしてなかったが。
 安全はもちろん大事だし、整備はきちんとしてもらって安心して乗りたいと私も思う。だけど、最近の日本の感覚はなーんとなく行き過ぎてしまいがちな感じ。きつきつがちがちに何もかもに100点を求めるのもなんだし、私的には原因究明したら今回みたいなことが再発しないような体制さえ整えていただければ、内装が多少ナニでもかまわないかなーと。
 というか、また中華航空さんのお世話になりたいなあと思う今日この頃の私です(涙)。

| | Comments (0)

2007.08.19

ある意味、をたくの祭典

 海の向こうではここ数日、濃い皆さんの祭典が行われていたようですが、こちらでもひっそり地味な、ごく小規模の濃い宴会が行われていました。なんのこたーない、昔からのつき合いのSFヲ友だちとカラオケに行ったんですけどね。天神で真っ昼間にカラオケ行くと、10~20代のきっちりメイクなお嬢さん達が鈴なりなわけです。来る客来る客若い娘さんばっかなんです。その中で、見るからに「こいつらいくつ?」みたいなロートル連中が一階受付の片隅に固まっている姿は、自分がその一員だとわかっていてもなんともはあ、痛々しいものがあります。
 しかも、そのこぢんまりとした団体さんが歌うのは、八割方アニメと特撮の主題歌なわけですから。今さら気にしてもしょうがない、というか、気にするくらいなら来るな、なわけですが、部屋の前を通りすがる人は「この部屋なに?」と不気味がるのではないか? とちと気にしたり。いや、「この部屋なに?」と思う時点でその人はナニがわかるアレということになりますが。一応店の人がドリンク持ってくるころだけ、それなりに普通の歌を入れて自分たちの正体を糊塗してみる姑息なわたくし。
 でも、アニソンって歌うとすっきりストレス解消になります。特にちょっと古めのやつ。しっかりはっきりした歌詞とメロディラインは、それほどうまくなくても「歌った!」感がありますから。最近とんとカラオケと縁がなくて、喉がだめだめになっていたのが残念でした。定期的に鍛えておかないと長時間カラオケには耐えられません。
 今回はなんとなく富野系を控え目にしてしまいましたが、次回はも少し多めで行きたい。あと、数少ないカラオケ行く機会で何かとDAMにばかり当たっているので、別のとこでやりたいです>某Yさん。<人頼りかよ!

 最近のタイアップ系のJ-popな曲は、自分で聞くに耐えるくらいに仕上げるにはそれなりの歌スキルがいるんで、ストレス解消には向かない感じ。歌ヘタい人のひが目かもしれないけど。

| | Comments (0)

「はやぶさ - 不死身の探査機と宇宙研の物語」、読了

はやぶさ―不死身の探査機と宇宙研の物語 (幻冬舎新書)

 文体にちょっとくせがあって多少気持ちに走る描写あり、ばりばりの理工系解説が一ページ以上続いて振り落とされそうな部分ありで万人にお勧めできる本かというと人を選ぶとは思うけど。
 でも泣けた!! 最後にはやぶさとの通信が回復し、長い長い地球への帰還が始まったところ、そして近い将来に起こるであろう、起こってほしいウーメラ砂漠での場面が希望を込めて書かれたところで電車の中だというのに不覚にも涙が出てきて困った。
 私もきっと著者に謗られるであろう日本の宇宙開発の現場に疎い人間で、だから予算のない中成功しても軽んじられ、失敗すれば大きく糾弾される現場の方々にはただただ頭の下がる思いというか、すいません、ただ安っぽく感動しててすみませんと言うしかない。お金も時間もなく現場に報いる動きも少ない現状では、遠からず宇宙開発事業は世界の競争から脱落していくんだろう。(すでにそうなのか… orz)携わる人々の努力と熱意だけじゃどうにもならないこともある。
 結果だけ欲しがっちゃだめなの。結果には見合う投資が必要なの。某国とか某国とか某国に比べたら、日本の宇宙開発はもんのすごい小規模で細々とやってるんだから。打ち上げに失敗するたびに、金がもったいないとか当事者達は何やってんだとか安易に非難するマスコミのみなさんはこの本読んで反省してください。
 もちろん半端に無関心な私自身も反省。
 現場の工夫と努力だけに全てを託すような状態じゃだめだ…。科学に疎い政治家ばっかりなのもつらく悲しいとこではあるよな…。

 ほんとにほんとに、帰ってこい、はやぶさ! そして、日本の宇宙開発がはやぶさとそれを支えた現場の皆さんに見合う待遇を得られるようになりますように。

| | Comments (0)

2007.08.18

見たことないくせになつかしい風景

 巡り巡ってご縁があり、当地のボリショイサーカス公演を見に行きました。
 実は十年以上前にも一度、友だちが職場でチケットもらったからというので一緒に見に行ったことがあります>ボリショイサーカス。そして、あまりに物寂しい雰囲気だったので、正直気持ちがっかりして帰ってきました。なんというか、「極東まで出稼ぎに来てしまいました、さみしい僕ら」という空気がほにゃーんと漂い出てきてる感じがしたのです。芸をする熊たちが物悲しさを大きく増幅していました。思い出してみれば、あれは東西の壁が壊れ冷戦構造が崩壊した直後くらいだったか、ロシアが混迷の極みだったころのような気がします。生活環境の激変がサーカス団員のみなさんからにじみ出ていたのかもしれません。
 職場の同僚も行くと言ってたんですが「シルクドソレイユとか見たんで。あんまり期待してないというか、どっちかというとあまり乗り気でないんですが、友だちが行きたいと言うので」とのこと。まあ。それは。サーカスという括りは同じかもしれんけど、全然傾向違うから。

 というわけで、熊見られたらいいや、とか、犬のサーカスあるらしいし、とか動物シフトの期待で見に行ったボリショイサーカス。おフランス系のあちらに比べるとやはりお子さま向きな内容ではありましたが(会場親子連れだらけ)、しかし昔に比べると全然明るくて「サーカスの基本!」みたいな感じで楽しめました。少なくとも昔の物悲しさはなかったです。最近のロシアの経済がんがん上昇中の景気の良さが出てたんでしょうか。意外と猫のサーカスが健闘。猫飼いの方なら垂涎だったのでは。熊は後脚が短いのが愛らしく、深々とお辞儀をする姿がかわいかったです。でも、近寄ると口輪してあるし、はたかれたらたぶん大怪我します。
 後は、きっとオリンピックとかに出た体操選手とかが引退してやってるんじゃないの? ってくらい技がきれいなトランポリンとか段違い平行棒。狭いところで見た目派手な出し物をしてくれるので、思わず大人が身を乗り出してしまいます。サーカスだから、という以前のプロの技ですね。

 しろがねみたいなおねーさんがいたらよかったんですが(どういいんだ?)、そこまでは望めません。
 会場には縁日並みの出店がたくさん出てて、フレンチドックとか綿菓子とかなぞの光るおもちゃとかがんがん売ってます。昔はサーカスといえば祭りの縁日の間、広場にテント張ってるのが定番という刷り込みがあるのだけど、あれは私の田舎がたまたまそうだっただけなんだろうか。
 かき氷屋で「シロップかけ放題」というポップが立ってて、放題したらすぐ溶けちゃうだろうよ、と思いましたが、したくなる気持ちはよくわかる。あと、放題すると溶けた後の水の色が黒っぽくておいしそうでなくなる気が。

| | Comments (2)

も一つくらいもらっておいても

 大人なんだからもうキャラものに手を出すのは止めておけ! と自分に言い聞かせてはいるんですが、今年の夏のケンタッキーのガチャピン・ムックの子どもセットについふらふらと引き寄せられてしまいました。第一弾はビニールポーチをゲット、第二弾ではフルーツボウルをもらってきました。この手のキッズものは、マクドナルドよりケンタの方が大人も欲しげなものを出してきます。エルマーの文具とかもいいなと思ったし。
 ポーチは、もらったものの出番に苦慮しているところですが、フルーツボウルは意外と大きく厚めのしっかりした作りでなかなかの掘り出し物。デザインもいい感じです。早速朝食のヨーグルト専用で活躍しています。ムックももらってセットにしておけばよかったか?

 とかなんとか言って、三~四年前のセブンイレブンの世界名作劇場皿がラスカルと赤毛のアン、全種揃って棚にしまってありますよ…。あのころは職場の近所にセブンイレブンがあって、みんながやたらとシールをくれたんだよなー。

| | Comments (0)

2007.08.17

水の効能?

 精神的には夏というだけでだれだれになってしまう私ですが、今年の暑さだと身体の方もさすがにヘバり気味です。元から身体作りがなってないので基礎体力の低い自分を恨むばかりです。が。毎日仕事には行かねばならないわけで、少しは気力体力にブーストかける手を考えねばなりますまい。いやいや、贅沢は言わない、ブーストなんてかからなくていい、低め安定維持できればそれで。
 というわけで、たまたまネットで読んだ寝る前と起きてすぐに硬水のミネラルウォーターを一杯飲むというのを始めてみました。夏場は寝てる間に大量の汗をかくので、それを補ってやると身体にちょっといいらしい。ミネラルウォーターくらいならサイフにもやさしいし、サプリメントでどばんとミネラル分を取るよりは水に混じってるくらいの量が無難かなーという気もするし。
 ただ、わたくし、もともと水が大量に飲めない。酒の席で困るのはアルコールが飲めないだけじゃなく水気全般がそんなに摂れないという点なわけで。コップ一杯に水を注ぐと「あああ…」という気分で、少しばかり凹みながら飲み干す日々。
 それで何か効果があったかというと、始めて一週間で変化が出たらそりゃーみんなやるでしょう、簡単にはいきません。半年くらい継続できたら体質改善とかそういう効果が出てくるかも? というところ。
 強いていいこと? を言えば、汗だくになって通勤電車に乗りぐだぐたの汗まみれで制服に着替えても、水を飲み始める前よりは遥かに喉が渇かない! というとこでしょうか。以前は席に着くなり持参の水筒の水をごきゅごきゅ飲み干していたのが嘘のように、優雅に始業の準備をしております<優雅もうそ。一日あたり水をコップ二杯分多く摂ってるんだから、当然と言えば当然のことですが。その分、日中の水分摂取量は減ってるぽいんで、一日に飲んでるトータルの量は前と変わらない気も。
 …汗もたくさんかいてるような気もします。こんなに汗かきだったか>自分。汗はスムーズにかける身体の方がいいらしいので、これも効能の一つと考えるべきかしら。

| | Comments (0)

2007.08.16

がぁん、知らなかった

 夏まっただ中は私にとって鬼門の季節なので、勢い行動半径が極めて狭く。冷蔵庫の中身が貧相になったらその分だけ。洗面所回りが危機に陥ったらその分だけというちまちま買い物をして速やかに家に帰り、エアコンのスイッチ入れてへたれている暮らしぶり。レンタル屋に行く気力もなく、どんどん世間から取り残されている気分。
 と思っていたら、本当に取り残されていました。ネットをふらふら(する分には暑くない)していて、榊版ガンパレの第二期がスタートしてるってうわさを聞きつけました。なんですとー?
ガンパレード・マーチ山口防衛戦
 …ほんとでした。むー、熊本撤退線をやってゲーム準拠ネタはほぼ使い尽くしたので、これて終いだと思い込んでいたんだよな。チェック、甘かった。
 榊ガンパレは、途中からちとゲームを離れた設定が増えてきたこともあり、人によっては脱落する流れになってきてますが、私はほら! 王道の速舞だから(笑)。この組み合わせはガンパレであるかぎり不動なんで安心。それにあのちりちりする戦場の感覚を体験させてくれるなら、瀬戸壬生の扱いの方が大きくてもかまわないさ!(爆)<いやまー、速舞は書きにくいのは私もわかるのさ。
 山口防衛戦編は三冊出てるけど、まだまだ続くらしい。だったら涼しくなってから手を出しても大丈夫かな。まだガンパレで楽しめるなんて、ちょっとうれしい誤算。

| | Comments (0)

2007.08.14

すげえな、ボブブラシ

 私が「ボブの絵画教室」を知ったのは「探偵!ナイトスクープ」でボブさんに直接指導を受けたら絵が下手な私でもうまく描けるようになると思うのですが! という依頼を受けて、ボブ氏に師事を乞いに行こうとするという回ででした。実際のとこ、残念ながらボブ氏はすでに他界しておられたために、日本語版吹き替えをされた声優さんに無理くり指導していただくというナイトスクープテイストな展開になっていくのですが、その先のことは予想通りなのでさておき。
 番組内で紹介された番組で、ボブさんはさくさくお気楽に空を描き山を描き森を描き湖を描いて「ほらー、簡単でしょー?」を連発し、実際ぱっと見たとこ簡単に描けそうな気がしてくるのですが、いざスケッチブックに向かったら「こんなん、無理に決まってんじゃん!」となりそうな感じ。それでもあのさくさく感は「やれそう」マジックを演出しています。見ている間は「これなら私も」って思えてきます。あれはいったいなんなんでしょう。

 と思うのは私だけでなく、さらにあのボブ絵が描いてみたいと野望を抱く人はさらにいるようで、なんとPhotoshopのフリープラグインにボブブラシなるものがあるそうです! しかも、それで実際にボブっぽい絵を描いてみたという方が。所要時間30分ほどのその絵は確かにボブっぽいです。ちゅーか、ボブそのもの。
 見ていたら私もチャレンジしたい気持ちになってきました。このブラシさえあれば、私にもボブ絵が。でも、このサイトオーナーは絵心がある方だから何気にさらっと描けただけで、わたしがやると「無理に決まってんじゃん!」なのかも…。

| | Comments (2)

2007.08.12

やわらか戦車というのが…

 某国の自動車を輸入した某国が安全テストをしてみたら、あまりにくちゃっと潰れてしまいましてちょっとこれは…、という映像が某動画サイトでアクセス急上昇だそうです。私もやじ馬なもんで、吸い寄せられるように覗きに。うわ。確かにこれはなかなか。家には車はなく、世界平和のためにも今後も購入することはないと思うのですが(私が運転したら10mも行かぬ間に人死にが出ること確実)、困窮した末に是が非でも車を買わなければならない事態になったとしても某国の車は買わないでしょう…。今の耐久性のままでは。
 しかし、これは別に輸出専用というわけではなく国内でも流通している商品なんですよね? これがタクシーなんかに採用されていたらひじょーに怖い感じ。観光客で行ってもうっかり遭遇するかもしれないってことですから。それ以前に、自国の人の命も大事にしよう。

 で、この動画のことを紹介しているネットのそれ系のニュースサイトの自動アフェリエイトリンク? で「やわらか戦車」が出ているのがこー。狙ったようなというか、狙い過ぎでどうしたもんだか。某国の車も指先でつついたらそこから腐ってしまうほど繊細なのでしょうか。

| | Comments (0)

2007.08.11

やだなあ、こんなリアル

 週末にネットのニュースリンクサイトなどをうろうろすることがあるのですが、今期のギャルゲアニメ化作として「School Days」というのを取り上げてるとこがありまして。「ある意味みょーにリアル」という感想が気になってネットを検索していたところ、wikiのまとめに遭遇。ゲーム版の内容紹介を読んでみました。
 うわぁ…、なんだこの話。激重、ちゅーか、いっそ陰惨? アニメのざっくり感想を上げていたとこによれば「前から好きだった女の子Aと、友達づきあいしている女の子Bの協力でつき合うようになるものの、Aにいろいろとややこい性格な部分がありその点でBに相談しているうちに『Bとつき合うほうが楽かもなー、いいかもなー』という気がしてくる。あたりがリアルというか、カラダ目当てというだけでなく他の女の子についふらふらしてしまう男の気持ちがわかる気がした」とあったけど(私による感想超訳。書き主は女性です)、元のゲームはそんなレベルではない模様。選択肢の選び方によっては、女の子、逆上したり刃傷沙汰になったり自殺したりしてるみたいですよ! えええー? それでいいの? リアルとか言ってる場合じゃないでしょ、これ。なのに、このゲームかなり売れた模様。
 なんで?
 ようするにえろげとしてみなさんやるゲームの筋立てがこんなで、えーと。実用品になるですか? それで落ち着いてえろい絵が楽しめるの? ちょとマテーな気分になりませんか?(素朴な疑問)えろげとして、だけでなく、プレイして後味いいゲームとも言えそうになく。でも売れてるみたい。
 しかも、近々PS2に移植されるようですが、話このままなんでしょうか。それでCEROだっけ? 年齢規制的には大丈夫なのか。
 ここ一年ばかり、ツンデレの次としてヤンデレというのが来てるらしいんですが、こういうのがヤンデレに入るのかしら。単なる鬱ゲー?

| | Comments (0)

2007.08.10

分かち合えない

 根が男の子なので、最近ダムやビルや工場の写真集が売れてます! と言われても違和感は感じません。元が好きな方々のブログやサイトだそうで、そちらにうかがってみるとかっこいい! 萌えーと言われても納得な写真がめじろ押しです。メカメカしいもの、でかいもの、実用の美に磨かれたものはやはり見ごたえがあって美しい。ライトアップされた工場の写真などは「よく撮り続けるなー」とあきれながらも、どこか見入っていたりします。
 が。こういう感覚はふつーのお嬢さんにはないものなのでしょうか。たまたま昼ご飯どきに流行り物の話題になったとき、「今年はダムや工場の写真集がけっこう売れてるんだよね」と言ったら思いきり不思議な顔をされました。「ダムって山の中にある、あれですか」「水力発電とか治水とかで作ってるアレです」「その写真ってどこがいいんですかね?」「え…。だって、ほら。大きな建造物ってかっこよくない? 機能美ってものもあるし」「かっこいい、ですか」。話が弾みません。「工場の写真って何撮るんですかね?」「夜、照明がぽつんぽつんと入ってるとことか、機械なのに生物っぽい雰囲気があっていいよ」「はあ…」。理解不能です、という顔をされてしまいます…。
 なぜ? このなんちゅーか、工学的というか無機物のというか自然の中の人工建造物の質感というか、そういうもののかっこよさ美しさというものは、普遍的に「わかる」ものじゃないんでしょうか。子どものころ、社会科見学でダムに行ったとき、その巨大さたたえた水の莫大さに「おおおおおー」とわけもなく感嘆しませんでしたか。あの延長にある気持ちが、巨大建造物を見たときに起きてきませんか。
 …こないんですね。
 どう説明しても彼女たちの顔から「ぽかん」という文字が消えませんでした。好みとか興味とかは人それぞれ、わかちがたいものがあるのはわかってるんですが、ここまで「さっぱりでーす」という反応をされると「深い川があるのは男と女の間だけではないのでは」という気がしてきます。
 でもですね、彼女たちも「どうして男性って○○がわからないんでしょうかね」「あの人たちが××しないのが信じられません」なんて言ったりするんです。その辺お互い様なわけじゃーないですか。だから、なんでやねん? って顔、しないでね。お願いだから。

| | Comments (3)

2007.08.09

これが当たってもなあ…。

 相方が「何か当たってるみたいだよ」と封筒を渡してくるので「応募したものなんかあったいな?」と不思議に思いつつ受け取ってみると。
 日帰りの温泉旅行が当たったとのこと。日帰りの温泉ん? 心当たりがないなーと送り主を調べたところ、普段利用しているスーパーのチェーン。そう言えばレジで「応募券になってます」と小さな紙を渡されて、流れで住所やら氏名やら書いて応募箱に投函したような。あれが当たったのか。
 しかし。その当選内容というのがなんともビミョー。まず譲渡不能で本人様のみ有効というのはいいとして、同伴者がいたら全額自力支払で土日は割増料金ってどうなの…。二人様一組じゃないの…。バスの日帰りツアーに一人で参加するって一般的なんでしょうか? ふつー、友だちとか誘うよね? それなのに全額負担だなんて、声かけにくいじゃない。せめて優待料金にしてくれれば。
 ツアーの内容も日帰りだから近場なのは当然だけど、行き先とかご飯食べるとことか今一つ魅力に欠けるというか。なんたって旅費が一万近くするのに、食事にそれなりのゴーヂャス感がありません。<応募するときに確認せいよ。そのくらいのところに行くのに、朝八時に集合で夜八時に帰着するって、社会人的には疲れてこれだけー? 感があります。「これなら行きたーい」って思わせる内容だったら、友だちの料金を二人で半分ずつ払っても行くのにな。
 なんか、これを当てるのって同伴者の追加料金目当てなんじゃ? って気すらしてきました。このまま机の地層となって、年末にゴミとして処分される可能性大。<だったら捨てろ、今すぐに!

| | Comments (0)

2007.08.07

昔の刷り込み

忍風カムイ外伝 Vol.1
 原作を読んでいないので、私の「カムイ外伝」体験はアニメ版だけです。中学生くらいだったかに再放送で見ました。あの絵柄と雰囲気は子ども向きではない感じなんで、見るべきときに見たかなーと。本気で子どもだったときに見たら怖かったんじゃないかと。中学で見てもカムイはお兄さんに見えましたから。いちおーロボアニメの主役達も16~18才という設定でしたが、同じくらいの年頃? のはずのカムイの方が大人っぽく見えたのは原作がああいうものだからでしょうか。私より年が上のアニメ好きのお姉さま方には、短い丈の着物から伸びる足が色っぽいと評判だったカムイ。足がつるつるだったけどいくつだったんだろう。<マンガやアニメでリアル追及してもね…。
 しかし、いくら印象が大人っぽいからといって、声が中田浩二さんだったのはちょっと大人過ぎでした。私の中で中田さんはかなり大人の男声の刷り込みができていたので(例:初代「エースをねらえ!」の宗方コーチ)、あの声で「おいら」と言われても違和感ばりばり。高めの声で演じてらっしゃいましたが、なにしろ「おいら」がどうにもこうにも。(って感じたのは私だけ?)

 そんな「カムイ外伝」がこれまた実写映画化。邦画はどこへ行ってしまうんだろう…と心配になる今日この頃です。いやまー、うまくおもしろく作っていただけるなら多少チープでも全然いいと私は思ってるんですが。「カムイ」なんかはもともと実写っぽいというか、重々系の話だし、時代劇テイストでちゃんと作るには向いてるとは思いますが。
 正否はできたもの次第ではありますが、そのカムイ役が松山ケンイチと聞いて「この人ホントに何でもやる人だなー」と驚きました。ぱっと見た目はふつーのおにーちゃんなのにふられる役のタイプが広すぎて、その辺がびっくりです。キャスティングする人にいろいろやらせてみたい気分にさせる役者さんなんでしょうか。
 しかし、子どものころの刷り込みが中田声で「おいら」で色っぽいお兄ちゃんのキャラ。松山さんがいい役者だとしても、この刷り込みとの間の溝を個人的にどうやって埋めたもんだかって気にはなるんですよねえ。
 いずな落とし、やるのかな。実写で。

| | Comments (2)

2007.08.06

その差、7,000円

 いろんな意味でPCに依存している身なのに液晶が死んだ状態には耐えられないので、先々のサイフの痛みはこの際置いておくことにして、仕事が引けてからとぼとぼとビックカメラに向かいました。まだ夏ボセールの余韻が残っていて掘り出し物があるのを期待。
 した私はちょっと悲しい気持ちに。そもそもディスプレイ単品の店頭取り扱いがめっちゃ少ないよ! 特に17インチとなると。時代はもう19インチ以上なのか…と愕然としましたが、私のPC用デスクには17インチ以上のでかいディスプレイは乗りません。何よりサイフが17インチ以上の予算を吐き出せません。これならネットショップで品を探す方が選べるな…と思いましたが、PC依存症がショップから届くのは待てないし、ビックカメラのポイントがあるからこそ今買えそうなのでもあるし、とありものでなんとかすることに。
 幸い、迷おうにも物がなくて迷えません。値段的に折り合えそうなのはこれかなーと狙いをつけたとき、ふと売り場の入り口に特価品のディスプレイ発見。なんと17インチもあるじゃないですか。値段を見てみると、さっきこれにしようか…と考えたものより7,000円ほどお安い。これにしようか、しかし、この7,000円の差はなんなんだ、と気になったので、悩んだ末に店員さんに聞いてみることに。
 「この価格帯のディスプレイですと、性能にはさほど差はありません。元の価格ですとほとんど同じですから、気にされるような違いは特に」と言いつつ、きっと劇的な違いはないであろうスペックの説明をしてくださる。が。「あら、めずらしいですね。普通液晶のメーカー保証期間は三年くらいあるはずですが、これは一年になっています」。なんですとーーーー?
 壊れるの、ちょっと早めかな? と思いつつ代替機を買いに来た者としては、それは聞き逃せません! ううう、7,000円か。7,000円で一年が三年に。これは譲れないかも。
 結局、最初に決めようとしていたほうのディスプレイを買って帰りました。本体にスピーカーがついているので、winの外付けスピーカーを使わずに済むようになりそうだし。(<なりませんでした… orz。音が小さすぎて)
 今月はひたすらおとなしく生きていく方針で。

| | Comments (0)

2007.08.05

しかし!

 ↓でほっとしたのもつかの間。今日何気にPCの電源を入れ、立ち上がったかなー? というころにふらっとPC部屋を覗いたら画面が暗い。おかしいな、winと画面切り替えし損なったかな? と再立ち上げをしてみたものの、やっぱり真っ黒。Macの電源はちゃんと入ってるのに…。液晶の設定ボタンをいろいろいじってみたものの黒さは変わらず、現実を直視するに連れてわたくし、青ざめ始めました。
 つ。次は液晶かよ…。
 未練たらしく本当に壊れたのかを調べようと、ZERO-3[es]であれこれネットを漂ってみたのですが(こういうとき[es]便利)、よくよく見るとうぅうーすっら表示が見えるという現象は、どうやらバックライトの故障のようですね。そして、今どきの液晶の価格からすると、修理するより買い直したほうが安いらしいです orz。
 いや、まあ。冷蔵庫や洗濯機よりは全然安いですけど。そして、PC回りの品は本体除きお小遣いで賄うようにしているので、家計には影響ありませんけど。
 やっぱり無痛というわけにはいかず。ちゅーか、私の私的サイフは月初にしていきなり出血多量で死んでしまいますが。
 悪あがきをして、昔相方が使っていたナナオの17インチディスプレイを繋いでみたのですが、長らく現役を引退しているうちに画面の隅が変色表示されるようになってて非常に見にくい。なによりでかくて、ただいまMacとWinの共存状態の机の上から大きくはみ出ます。あああ、やっぱり新しく買うしか…。
 泣きながらサイフをひっくり返してどこまで予算取れるかを考えてみる日曜の夜。

| | Comments (0)

2007.08.03

青ざめる!

 家電品は連鎖して壊れる。といういやーなジンクスがあるので、テレビが壊れてからこっち、冷蔵庫や洗濯機に「壊れるなー、壊れるなー」と念を送って暮らしてまいりました。エアコンは去年壊れて買い替えたし(涙)、レンジはまだ五年経ってないはずなので、当座危険なのはこの二つ。価格的にも痛みが大きいですし、祈りはかなりまぢです。
 が。本日、別の方面の危機が!
 会社帰りに取り出したiPodにへんな表示が! 液晶の下半分がしましま黒いですよ!
 ひょえー、意外な伏兵。去年の秋来たばかりのこいつが壊れるなんて予想外すぎる! 私はいったいどこに液晶ぶつけちゃったんだ? 思い当たる節が全然ないけど。
 と思ったら、ただの電池切れでした…。壊れたらどうしよう病のせいで冷静な判断ができなくなっていた模様。
 まだ買って一年経ってないから保証範囲内だよね? 保証書どこにやったっけ? とまじめに悩み始めていた自分がなんだか。

| | Comments (0)

2007.08.02

マクロビオティックって

 今度の職場の同僚の皆さんはふつーのOLさん系が多いので、食事とか美容とかお買い物とか旅行とか温泉とか、そういう話題には強いです。気をつけないとすぐに話題で浮いてしまうので困ります。自分がちょいズレポジションの人なのがいかんのですが。
 そういう布陣なので、今かちょっと前の流行りものにも強く、このたびマクロビオティックなランチなど食べに行きました。私は不勉強なんでマクロビの正体がよくわかってないんですが、玄米とか野菜メインとかで身体に気を使う系の食事だと思えばいいんでしょうか? ランチは二種類あって、安めのほうは「入りやすいようにメインには動物性たんぱく質を使ってます」という説明だったので、肉っけは低の食事を指すんでしょうか。
 よくわからないままいただきましたが、なかなかおいしかったです。玄米、腹持ちよくていいですね。食べた感あり。
 で、食事の方は全く問題なく楽しめたんですが、帰りにレジでもらったフリーペーパーが。なんというか。…デムパが。
 昼ご飯の後、仕事中に眠くなってしまい、どうしたらいいでしょうか? という質問に「地球上の引き締める力が働く時間だからしょうがない」という解答。地球上? ってことは世界的に日本の昼ご飯後は眠くなる時間なの? っちゅーか、引き締める力って何?
 マクロビの料理の先生がいきなり「宇宙の心理を知っているのに、そのことを伝えないのは大きな罪です」とかって書き出しでマクロビ道を極める決意を語りだすのも不可解です。マクロビは宇宙の心理を手に入れる哲学なんだそうですよ…。
 宗教なのか?
 せっかくおいしく食べたのに、心がドン引きになりました。お店そのものはこのフリペとは直接の関係はないみたいなんだけど。二度目はちょっと考えちゃうなあ。

| | Comments (0)

2007.08.01

ノンポリなんだけど

 政治的なことには詳しくもなく、感情で語るのはアレだなーと思うので話題としては避けたいとこなんですが。
 記者会見に領収書の束を持って現れたのでてっきり中身を公開するのかと思ったら、ぺらっとページをめくってみせてお終いですかい!
 なんなんだ、あれ。ちゃんとモノは揃ってるんだ、その気になったら出るべきとこにも出られるんだって言いたかったの? でも見せないってことは、やっぱり見せられないヤバいものが含まれてるんだとしか、もしくは中身が揃ってないんだとしか思えませんよ。 
 わからない、僕には君が何を考えているのかわからないよ!<古過ぎですか。
 あの世界の人は、やっぱ庶民とは感覚違うのかしら。

| | Comments (0)

« July 2007 | Main | September 2007 »