« 時代を感じる週末 | Main | 一度イタいめを見たのにな »

2007.10.22

トポロジーは穴の数

 別に先日の日記のシリーズというわけじゃないけど。
 BShiでやったとき、体調悪くて半分しか見られなかったハイビジョン特集「数学者はキノコ狩りの夢を見る~ポアンカレ予想・100年の格闘」が110分を60分に大幅短縮し、地上波にて放送したのを見ました。「100年の難問はなぜ解けたのか・天才数学者 失踪の謎」と改題されたその番組は、数学とかトポロジーとか全くわかんない門外漢の私でも非常にわかりやすくすげいおもしろかったです。ちゅーか、110分版はもっとわかりやすかった気がします。見る気力がなかったのがつくづく残念。
 「なぜ解けたのか?」というタイトルですが、おそらく私含め視聴者にはポアンカレ予想なるものやトポロジー、どころか学校で習ったはず数学ですら記憶おぼろな人がほとんどと思われるので(思いたい)、細かい解題はしてません。ざっくりざっくり、解けたこととそのキーになった考え方を紹介しているだけです。(私には想像するしかないけど、トポロジー最大級とも言える問題をもう古いと言われつつあった微分幾何学に物理学を複合して解かれるというのは愕然となる事態だったんでしょうね。解かれてもトポロジー主体の研究者には意味わかんない! なんて熱烈な片思いが激しく玉砕するようなもの)
 宇宙の形はどれほど複雑であるとしても概ね八つの形の複合になるはずだ、なんて予想出された時点で、凡人は脱落してもゆるされましょう?
 見終わって私の脳に残った知識は「トポロジーと穴の数」くらいのものです。(情けなし!)
 この番組でおもしろかったのは、もちろん私にとって未知の世界だったトポロジーや数学に関する部分だったんですが、それに取り組む数学者たちの姿というのも興味深かったです。というか、おそろしいほどの情熱過ぎて怖い! ある数学者はポアンカレ予想が解けるまではと結婚を考えていた恋人と別れ、ある数学者は十年上の時間を費やした末ポアンカレ予想の研究から降りてしまう。数学界の天才と言われた人々が何人も問題に立ち向かいながら矢折れ力尽きていくのです。そして、21世紀になり100年の難問を見事に解いたペレリマン博士は、数学者の栄誉であるフィールズ賞を辞退、ポアンカレ予想解明者に送られる賞金も受け取らず、社会から縁を切った事実上隠遁生活を送っていると言います。まだ41才だというのに!
 知識の限りを尽くした頭脳の戦いは、何か別の次元に人を連れていってしまうんでしょうか。集中力と情熱と、人生の何もかもをつぎ込むのが惜しくないほどの美しさが数学には潜んでいるらしい。(番組に出てくる数学者たちは時折崇拝するように、完璧な美しさという言葉を口にする)
 私には理解できないすばらしい世界を知っている博士たちをうらやましく思う反面、身のほどに合った平凡な生活に満足できる自分にほっとしたりもして。
 10/23の深夜というか、10/24の早朝(?)というか、日の変わったくらいの時間帯に再放送があるので、興味を持たれた方はぜひ。私は完全版の再放送を週末にやってくれないかなーと祈っております。

|

« 時代を感じる週末 | Main | 一度イタいめを見たのにな »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

こんにちわ。
私もこの番組、ダンナが理系人間だったのと、私自身もこの手の番組が好きなので(理解はしてませんが)、録画して昨日見ました。
分からないところは適宜ダンナに解説してもらおうと思っていたのですが、しょっぱなから解説してもらう羽目になりました(爆)。
感想としては、確かに面白かったです。
でもきいろさんと同じように、「私、フツーの人間で良かった…」とつくづく思いましたです。
数学の魔力に取り付かれて生きるより、フツーに日々を好きな人達と物に囲まれて生きるほうが良いですね。
それと、私は理系はさっぱりなので、
「理系人間の頭は、ホント私とは構造が違う…」ともしみじみ感じました。
でも、完全版をやってくれるなら、きっとまた見てしまうと思います。やって欲しいですね。

Posted by: あお | 2007.10.24 at 05:34 PM

い・ま・ご・ろ、RESしててすみません...。
貯めに貯めてしまったために、ますます書けなくなるどーしょーもない私です。
家には理系は一人もいないというのに、こういう理系な番組、二人ともたいへん好きです。そして二人であーだこーだ言いながら深みにはまります(^^;)。比較的相方の方がましかなあ...。
私にはふつーの幸せしか理解できないからそれで十分だと思うわけですが、でもあの方々は私には絶対わかんない世界を見てるんでしょうね。それはもう、うらやましいなんて言いようもない世界を。
完全版はその後BShiでまたやってくれまして、地上波よりかなーりわかりやすかったです。(理系じゃないからわかるにも限界ありますけど)

Posted by: きいろ | 2008.06.09 at 08:03 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 時代を感じる週末 | Main | 一度イタいめを見たのにな »