« いろいろあったようですが | Main | おおお、やったー »

2008.03.08

見落としではなかった…

 広川太一郎氏死去
 なんということだ、声優からナレーションまで幅広い活躍ぶり、そして聞くなり即「ああ、広川さん」と強く印象に残る美声と言い回しのベテランが69歳の若さで亡くなられるなんて…。
 亡くなられたのが三月三日とあって、私は一週間近くも訃報を見落としていたのかと自分の鈍くささと目の節穴っぷりに愕然としていたのだけど、どうやら情報がオープンになったのが今日だったようです。
 新作「ヤッターマン」でもベテラン声優の皆さんが昔と変わらぬ名演を聞かせてくれているのだから、広川さんのお年ならまだまだたくさんいい仕事を聞かせてくださったろうにと思うと残念でなりません。というか、これから映画のDVD化の際に吹き替え再録ってことになっても広川さんにお願いすることはできないんですね。どんな声優さんでも他の誰かが変わることなんかできないけど、中でも広川さんは特別という気がします。誰も成り代わることのできない芸風の持ち主でした。
 それにしても、このところがんによる訃報を聞くことが多いような気がします。(逢坂さんもがんだった…)新しい治療法が出てきて昔ほどの死の病ではなくなったと言われていますが、それでもがんはまだまだ怖い病気なのだなと改めて思いました。
 私の世代である程度の「ヲ」なら、誰でもかなりショックを受けたことでしょう。本当に残念です。ご冥福をお祈りします…。

|

« いろいろあったようですが | Main | おおお、やったー »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

Comments

ショックでした、本当に。
まだ、お若いのにねえ。
声にはずっとなじみがあったのに、お名前をちゃんと認識したのは、新井素子作品のおかげだったでしょうか……

Posted by: luna | 2008.03.10 at 11:16 AM

私もショックでした。
これで古代兄弟は二人とも亡くなってしまわれたんですね…。
富山さん、塩沢さん、鈴置さん、そして太一郎さん。
皆さん早すぎですよ…。

Posted by: TOKU | 2008.03.14 at 11:09 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« いろいろあったようですが | Main | おおお、やったー »