« サプリづけ | Main | なぜそっとしておけないのかっ »

2008.07.26

本人じゃない

 昔々、そこそこ御手洗潔ものを読んでいました。ご多分に漏れず「占星術殺人事件」「斜め屋敷の犯罪」「異邦の騎士」など。「水晶のピラミッド」はミステリ的にはどうよ? と思ったけど、御手洗さんがなかなか粋なので許す。けど、全体に後期になればなるほど「おつきあい」感が強まりつつ読んでるというのが本音だったり。
 そんな距離のある読者ではあるが、遅ればせで知ったこの本にはびっくりした。「御手洗潔対シャーロック・ホームズ」
 こういう架空探偵の共演ものはけして珍しい企画じゃないんですが、著者が島田荘司じゃないのにびっくり。全編御手洗が出てるらしいのに、著者は柄刀一じゃないですか。
 原作者がすでに亡くなられている場合、続編やらパスティーシュやらをファンの作者が手がけることはよくあるけど、島田荘司はご存命でシリーズもまだリアルタイムで書いてるのに! すごい企画だ…。
 もともと島田荘司が同人的なことというか、ファン活動に鷹揚な人なので実現したんだろうけど。気になる。読むべきだろうか…。
 読んで本家よりおもしろかったら、私はどうしたらいいのだろうか。

|

« サプリづけ | Main | なぜそっとしておけないのかっ »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

島田荘司は「奇想、天を動かす」だけ読んだことがあります。
大昔、多分中高生の頃。
突拍子もないトリックと、あり得ない偶然に、えー?とか思いながら、動機やら背景やらで泣かされた記憶があります。
でもお腹一杯になっちゃって、それ以上は駄目でした(ヘタレ)。
軽めのお勧めってありますか?

Posted by: namiyo | 2008.07.28 at 11:28 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« サプリづけ | Main | なぜそっとしておけないのかっ »