« イッタラだったのか | Main | 今年も回し者として生きていきますよ(笑) »

2009.01.03

活字中毒者が聞いて飽きれる

 このところ本読むのが通勤時間一本で、しかもその時間が異様に短くなってしまったため、なかなか量が稼げない。家で読めばいいだけなんだけど家ではなんとなく集中できず、雑誌ばかり読んでいる。(と言っても「本の雑誌」とか「SFマガジン」とかなんだが)
 去年の後半は日記を書く気力が低になり、気がつくと一応メモとして残していた読んだ本の感想もろくに書いてない始末。…と言っても、↑の理由により冊数はたいしたことないけど。
 というような理由により、以後、去年読んでメモってない本をちょこちょこ上げていきます。

 ちなみに、今読んでるのは眉村卓の「司政官」。
司政官 全短編 (創元SF文庫)

 眉村卓は「なぞの転校生」だの「ねらわれた学園」だのというジュブナイルSFで知ってる人が多いと思うんだけど、実は私も長年大人向きの作品をちゃんと読んだことがないという不良読者なのであった。「不定期エスパー」を「SFアドベンチャー」でちょこっと読んだくらい。(だんだん若い人が振り落とされてますね(^^;)なので、真っ当に読むのはある意味「司政官」が初めてと言っていい。
 そんな状態でこういうことを言うのは何だが。
 読みにくい…。正直、文体が合わない気がする…。まだ一作めの「長い暁」しか読んでないのにちょい気力が萎えかけています。
 別に悪文というわけじゃないと思うし、私も古いタイプのSFが読めないわけではないので(むしろ、たぶんラノベより読みやすい)、単に相性の問題だと思われ。なんか地の文に「…」が多用されるのにリズムを崩されてる感じ。(そして、私の文章もやたらと「…」だらけになっています)

 しかし、こういうタイプのキャラ立ちなんて言葉とは縁遠い小説は、若い読者は得られずに終わるのだろうな…。一つの社会システムとか未知の惑星の知的生命体の文化とかをあれこれ思考実験するのがメインみたいな、古式ゆかしいSFも、これはこれで残ってほしいんだけど。海外SF読めば済むことなんだけど、私は翻訳文体にも合う合わないがある厄介な人なので、できれば国産の方がありがたい。(という状況で、小川一水の存在はとても心強かったりする)
 あれだけ若年層に読まれた眉村卓のジュブナイルも、社会風俗の変化とかキャラクタ造形の流行り廃りでほとんど絶版になってるのも物悲しい。
 てゆっかさあ、登場人物が品行方正だったりすると「嘘くせー」で終わりですか? 最近の偽悪的なキャラとか本音サイコーみたいな風潮も味気なくてやだなーと思う私は年寄りなんだろうか。人間、やせ我慢も大事ですよ。感情移入できねーからって、ちょい古い本を読書対象から外すなんてのはもったいねーことでございますよ。
 さておき。古いSFヲとしては、最近の創元の日本古典SFどんどん復刊しちゃうぞ活動には感謝感激なのであり、「司政官」シリーズが一冊にまとまって読めるのも貴重な出来事ではあるんだけど。
 むー。<この分では「消滅の光輪」に手を出すのはつらいかもとひるんでいる。


 眉村卓のジュブナイルって何作かは青い鳥文庫に拾われているのね。
 「ねらわれた学園」。表紙がラノベっぽくなってる(笑)。
ねらわれた学園 (講談社 青い鳥文庫fシリーズ)


 「なぞの転校生」。やっぱこの二作は基本か。
なぞの転校生 (講談社青い鳥文庫fシリーズ)

 でも、イマドキの若者はキャラ描写が薄いとかなんとか言いそうですよ。社会風俗的に古くさいのは確かだしね。(ケータイもネットもないしさ)
 やれやれ。

|

« イッタラだったのか | Main | 今年も回し者として生きていきますよ(笑) »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

おお、懐かしいですね、司政官。
嫌いじゃないですが、確かに今は読まないかも&再読もしそうにない(笑)

Posted by: luna | 2009.01.04 at 05:25 PM

そういえば、「本の雑誌」はどこらへんから読んでいらっしゃいますか?
「キムラ弁護士小説に挑む」を読んでみたいなあ、なんて今更思っているところです。

Posted by: luna | 2009.01.05 at 02:48 PM

すいません、RESを貯めまくってしまったので、今年分から仕切り直してやっていくことにしました。こんじょなしの私をお許しください。

「司政官」、なんでだかはかどらないです。堀さんも鏡さんもすいすいいけたのに。
「本の雑誌」については別エントリーを参照してくださいませ。読者としては新参者の方かなあ、と思います。

Posted by: きいろ | 2009.01.06 at 02:40 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« イッタラだったのか | Main | 今年も回し者として生きていきますよ(笑) »