« もはや自分はロートルだと思うとき | Main | あのう、すみません »

2009.06.30

もはや私はロートルだと思うとき2

 次の仮面ライダーは「二人で一人の仮面ライダー」Wと聞いて、「そりゃバロム1だろ!」と突っ込んでいる自分に気づいたとき。
 しかも、さいとうたかをのおっさんなバロム1の絵が思い浮かんだとき。
「ハードボイルドを目指すが、情にもろい半熟(ハーフボイルド)くん」と 「あらゆる知識を有するが、ボケた性格の魔少年」ですか…。番長とチビではないのか。<当然。

 「ディケイド」半年だったのか。<最近すっかり仮面ライダーと縁遠い。
 映画ではGacktがライダーマンをやると聞き、あの人大河にも出たのにどんだけアレなんだと思ったり。あの顔が半分出るコスチュームはびみょーにかっこワルくなりがちなんですが、最近のスーツ作成技術ならそれも克服できてるのかしら。

|

« もはや自分はロートルだと思うとき | Main | あのう、すみません »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« もはや自分はロートルだと思うとき | Main | あのう、すみません »