« 冬効率のいい身体 | Main | 私が読みたい二次創作 »

2010.01.08

「時の"風"に吹かれて」、読了

時の“風”に吹かれて (光文社文庫)

 いろんなアンソロジーに発表した短編を再度まとめた本。
 なので、一冊の本としてのまとまりはよくない。想定読者層もばらばらだし。奇妙な味の物語多目? なので、理屈っぽい背景がほしい向きには食い足りない作品が多いと思う。
 そういう意味では、ある程度梶尾さんの作品を読みつけた人の本とも言える。初心者はハヤカワあたりの作品のトーンのそろったアンソロジーから手にとっていただきたい。でなかったら、短編集としてまとまりのいい、梶尾さんの十八番でもあるタイムトラベルロマンスものの「クロノスジョウンターの伝説」とか。

クロノス・ジョウンターの伝説∞インフィニティ (ソノラマノベルス)

 しかし、しょっぱなが「時の風に吹かれて」なのはずるい。全編こういうトーンでいくのかと思っちゃうじゃないか。

 こういう書き方をするということは、実は一冊の本としてはあんまり評価が高くないってことなのね。梶尾さんの本なら、もっと読むべきいい本がたくさんあります。
 ただ、個人的には「鉄腕アトム メルモ因子の巻」が読めたのは収穫でした。これについては別項。

|

« 冬効率のいい身体 | Main | 私が読みたい二次創作 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事